WordPressのアップデートでFTP情報の入力を求められた場合

先日 WordPress を使用したサイト構築に携わったのですが。

もともと自動アップデートが出来ていたのに、サーバを移行したらアップデートを行う際に FTP 情報の入力を求められるようになってしまいました。

続きを読む WordPressのアップデートでFTP情報の入力を求められた場合

Jetpackを4.8以上にバージョンアップしたらサイトマップが生成されなくなった

WordPressで Jetpack を使用しているわけですが。

サイトマップ(sitemap.xml)の生成も Jetpack の機能を利用しています。

そんな中、Google Search Console をチェックしていたら1週間ほど前からサイトマップの項目に 404 エラーが出ていました。

続きを読む Jetpackを4.8以上にバージョンアップしたらサイトマップが生成されなくなった

WordPress.comがhttpsに移行したのでウェブマスターツールのレポートが右肩下がりに

いつの間にかWordpress.comのサブドメインがhttpsに移行していた模様。

その影響でGoogleのウェブマスターツールのレポートが右肩下がりに急降下してしまいました。

続きを読む WordPress.comがhttpsに移行したのでウェブマスターツールのレポートが右肩下がりに

最近勝手に「とあるへたれ」のロゴマークが出現する

世界には色々なウェブサービスがあり、毎日それらを利用しているわけですが。

先日今更ながらGitHubに登録。

すると、設定もしていないのにプロフィール画像に「とあるへたれ」のロゴマークが。

続きを読む 最近勝手に「とあるへたれ」のロゴマークが出現する

wordpress.comのRSSでエラー

PINGOOというPING送信システムを無料で提供しているサイトを使用しているのですが、wordpress.comはPING送信に関わる設定をいじる事ができません。

ですが、PINGOOはRSSを設定しておくとRSSの更新を検知してPING送信を自動で行ってくれる機能があります。

しかし、先月何度か記事を更新しましたが自動でPINGが送信されませんでした。

手動送信しようとしてもRSSから取得した最新記事が前回の記事になっていて、前回送信したのと同じ記事は送信できないようになっているため送信されません。

システムのエラーかと思いしばらく放置してたのですが、何度やっても直らないでのもしやと思いRSSを見てみる事に。

すると下記の様なエラーが出てRSS配信が止まっていた。

This page contains the following errors:

error on line 303 at column 31: Input is not proper UTF-8, indicate encoding !
Bytes: 0x13 0xE6 0xAD 0xA3
Below is a rendering of the page up to the first error.

該当の記事は「Xperia Z2」で、303行目は

“そしていつの間にか正方形になったようです。”

という文章が。

ひとまずその部分を切り取り保存するとRSSのエラーが直りました。

エラーを見ると31桁目がUTF-8じゃない的なことを言っています。

31桁目・・・

文字は21文字しかありません。

たぶん半角での31桁目だと思われるので、該当文字は”た”です。

編集画面では何の問題も無くちゃんと表示されています。

試しに元に戻して保存すると・・・またエラーになりました。

同じ文章を入力し直してみるとエラーは出ませんでした。

あの文章に目に見えない何かが含まれていたようです。

とりあえずRSSのエラーは解消。

wordpress.orgの方だと原因不明のRSSエラーが出るなんて記事もありますが・・・

wordpress.comの場合、その辺いじれないので本格的に壊れちゃった場合はどう対処したらいいんでしょうかね。

きっとサポーターさんがなんとかしてくれるのかな?

他力本願な今日この頃です。

wordpress.comでソースコードを見やすくする

自分でインストールするタイプのwordpress.orgでは、ソースコードを書いた際に見やすく装飾してくれるプラグインがあります。

しかし、wordpress.comではプラグインがインストールできません。

ソースコードを書く際に見やすく装飾してくれる機能はないかと探したところ、エディターに標準でついてました。
コード投稿機能の改善

[sourcecode][/sourcecode]で囲むことで見やすく装飾してくれるそうです。

echo 'Hello World!';

しかし、このままでは文字自体は装飾されません。

ソースコードの言語を指定してあげる事で文字が装飾されます。

PHPの場合は[sourcecode language="php"][/sourcecode]で囲みます。

そうすると変数などが色分けされ、より見やすくなります。

echo 'Hello World!';

下記ページに指定できる言語が載っています。
Posting Source Code

[code][/code]でも装飾されるようですが、[sourcecode][/sourcecode]の方がバージョンが新しいみたいです。

WordPress 3.8.3

先週、3.8.2 へのアップデートが配布されたばかりですが、なんともう 3.8.3 が・・・

何やら小さなバグが見つかったようですね。

うーん、昨日ようやくアップデートしたというのに・・・

でも 3.8.2 はバグがあるって言ってるのでアップデートしない訳にはいかないですよね・・・

面倒だなぁ。