Google Keepが英語表示になってしまったのでTwitterのハッシュタグ「#gHelp」を使用して解決した

最近会社で「家に帰ったらあれをやろう」と思うことがあるわけですが。

家に帰った頃には忘れています。

なのでToDoリストでも作って管理しようかなと。

そこで使おうと思ったのがGoogle Keep。

早速Google Keepにアクセスしてみたのですが・・・

表示が英語に・・・

GmailとかGoogleカレンダーはちゃんと日本語で表示されます。

色々試してみたものの症状は改善でせず。

問い合わせ先を探してみるも見つからず。

専用のヘルプフォーラムもなく、完全に八方塞がり。

頑張って色々探していたところ、GoogleがTwitter上でGoogleプロダクトのサポートを行う「Help on Social」始めたとの情報を発見。

ハッシュタグに「#ghelp」を付けて起きている問題や質問内容をツイートすることで、ヘルプフォーラムで活躍しているサポーターや一般ユーザーからそれらを解決するためのサポートしてもらえるというもの。

早速Twitterで「#ghelp」を検索してみたものの9割以上が外国語。

果たしてこれは日本で活用されているのか?

ちょっと不安になりながらも他に術がないので試してみます。

するとツイートしてから数時間で返信が。

その方と数回やり取りし無事問題は解決。

解決方法はアカウントの言語設定を「日本語」から「英語」に切り替え、そのあとまた「日本語」に戻すというものでした。

ということで、「Help on Social」を活用し無事問題を解決することが出来ました。

Googleは基本的に問い合わせ先を公開しておらず、ヘルプフォーラムもメジャーなサービスしかありません。

今回の様にマイナーなサービスだと検索しても全然ヒットせず悩み続けることになります。

そんな時は「#ghelp」を使ってみてはいかがでしょう?

ただし、必ず解決方法が見つかるわけではないので悪しからず・・・


コメントを残す