移転先レンタルサーバー決定

先日Wordpress.comからの移転を決意したわけですが。

移転先のレンタルサーバーを決定しました。

選んだのはさくらインターネットの「スタンダードプラン」です。

値段ではロリポップも同じぐらいだった(というかさらに安いプランがあった)のに何故さくらインターネットにしたのか?

■プランの比較

一先ず各プランの比較を。

ロリポップ さくらインターネット
プラン ライト スタンダード スタンダード
月額(税込)
※12ヶ月契約の場合
270円 540円 429円
容量 50GB 120GB 100GB
PHP CGI版 CGI版/モジュール版 CGI版
MySQL 1個 30個 20個
1日の転送量目安 5GB 10GB 80GB

■ラピッドSSLが1年間分無料

さくらインターネットのサービス「さくらのSSL」にて、さくらインターネットのサービスを利用しているユーザーはラピッドSSLが1年間分無料というキャンペーンを11月30日まで開催しており、3年分まとめて購入しても1,836円という激安価格。
⇒ ラピッドSSL提供開始記念キャンペーン!

現状最安なKingSSLでも3年分は2,150円なので、このチャンスを逃すわけにはいきません。

■ロリポップは独自SSL導入費が高かった

ロリポップは独自SSLを使用する際に他社で購入したSSL証明書を使用することができず、独自SSLオプションに加入する必要があります。

1ヶ月2,000円(税抜)のオプションですが、36ヶ月契約なら月額が1,500円(税抜)になります。

しかし、合計金額は54,000円・・・

上記で書いたように、さくらインターネットなら3年で1,836円なので52,000円程高いです。

52,000円もあればさくらインターネットでビジネスプロプランが契約できちゃいます。

という事で、上記のような理由から今回はさくらインターネットを選択しました。

ロリポップは250円のライトプランでもWordpressが導入できますし、スタンダードプランならさくらインターネットより20GBも容量が多く、PHPもモジュール版が選択できます。

正直レンタルサーバー単体の魅力はロリポップの方が強かったです。

しかし、オプションに対する費用が足を引っ張りました。

■雑記

WordPress用のサーバを調べているとさくらインターネットとロリッポップを利用している人が非常に多く見受けられます。

そのため、移行方法などの解説も豊富です。

新規でWordpressを立ち上げたり移行したりするなら、さくらインターネットかロリッポップを選ぶと良いかもしれません。


コメントを残す