サイト構築におけるフォントサイズはptよりもpx

「pt」ってなんかプロっぽい。

どこかのサイトさんのCSS説明でptを使用しており、なんかその他とは一味違う感じのプロっぽさに憧れました。

そんな単純な理由でフォントサイズにptを使用していたわけですが・・・

昔、知人に「えっ、pt使ってるの?」って驚かれたことがあり、正直その時は何を驚いているのかよくわからず。

今ならわかるよ・・・

pxが良い理由は単純。

横幅や縦幅のサイズをpxで指定しているから、フォントも同じpxで指定した方がデザイン崩れが少なくなる。

line-heightなどの余白を考えなければ、通常文字サイズが20pxならそのボックスの縦幅と横幅は20pxになる。

そう、サイズの指定が楽なんですよね。

アイコンを作る際も、文字サイズが20pxなら画像も20pxで作ってあげればいい。

あぁ、なぜこんな単純なことに気付かなかったのだろう。

※追記※
最近の流行はpxではなくemやremだそうですよ。

変換するのが面倒なので、自分はしばらくpxで戦います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です