Xperia Z3 Compact SO-02Gの不具合はキャップを交換しても直らなかった

Xperia Z3 Compact SO-02G のキャップ交換のため、土曜日にドコモショップへ行ったんですが、未入荷で今日入荷するとのことだったので改めて行って来ました。

結果、キャップ交換では直らず。

本体側が悪いみたいです。

なのでメーカーに送って修理してもらうことに。

代替機は LG-01F。

去年発売されたLGの端末です。

Sony Mobile の代替機は無いそうなので、渋々この端末で我慢。

が、よくよく考えると SO-02G は nanoSIM ですが、LG-01F は microSIM。

SIM サイズが違うことを確認したところ、無料でサイズ変更してくれるそうな。

で、端末が修理から戻ってきたらまた nanoSIM に戻してくれるそうな。

ということは、自宅にある Xperia Z に SIM を差し替えられる。

LG-01F で満足できなければ Xperia Z にすればいい。

ということで LG-01F を借りてきました。

LG-01F
LG-01F

ちゃんと「ドコモ管理品」の刻印が。

右上に刻印が
右上に刻印が

さっそく設定をしようとしたんですが・・・

電源ボタンがわからない。

周囲をぐるっと見ても物理ボタンがない。

えー、何これ!

スマートフォンをはじめて持った人かの如くあたふた。

そして背面にボタンがあることに気づきました。

真ん中が電源ボタン、上下がボリュームボタンです。

背面に物理ボタン
背面に物理ボタン

人差し指で押せるのでなかなか便利。

しかし、ここだけ飛び出てるので確実に傷がつきます。

ケースとかで保護できたりするんだろうか?

さて、肝心の動作は・・・

予想よりもヌルヌルサクサク。

しかし・・・

外見といい画面デザインの感じといい、Galaxyを彷彿とさせます。

同じ韓国企業だからだろうか。

この端末で一番心配なのは非防水であること。

防水端末に慣れ親しんだ今日、今更非防水端末を渡されても扱いに困る・・・

それに電話しやすいように4.6インチの Xperia Z3 Compact を買ったのに、Xperia Z2 と同じ5.2インチでは意味が無い。

ということで Xperia Z に戻ることに。

4.6インチ Xperia GX でもよかったけれど、やはり防水がいいので。

さて、Xperia Z3 Compact SO-02G はいつ戻ってくるのやら。

■追記

続きを書きました。
⇒ Xperia Z3 Compact SO-02G が帰ってきた

「Xperia Z3 Compact SO-02Gの不具合はキャップを交換しても直らなかった」への3件のフィードバック

  1. 突然のコメントで失礼いたします。

    自分も同じように、キャップが液晶側だけせり出してきてしまう不具合がありました。
    調べてもあまり見かけない症状だったので少し安心しました(笑)
    10日程待ちキャップだけ交換したものの、症状は変わらず。
    近々修理に出す予定ですが、期間が長そうで結構ショックです…

    1. コメントありがとうございます。
      同じ症状の方があまりいないので、自分だけかと思ってました(笑)
      修理は1週間程度と言われましたが、まだ完了の連絡は来ていません。
      早く戻ってきてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です