png画像を圧縮しよう

最近はWEBで使用される画像はPNGが主流になりつつありますが、綺麗故に容量が重いという欠点があります。 作った素材が数MBなんてなんて事もしばしば・・・ そんな素材ばかり使ってたらサーバーの容量は圧迫するし、サイトの表示も重くなるし、Google先生にも嫌われちゃう! 出来うる限り画質を劣化させる事無く容量を削減しましょう。 という事で有名どころのサイトをご紹介。  

「TinyPNG」

TinyPNG
TinyPNG
https://tinypng.com 超有名どころ。 たぶん「png 圧縮」とかで検索すると一番多く紹介されているであろうサイト。 自分もpng圧縮を始めたばかりの頃にお世話になっていました。 一気に複数のファイルを処理する事が出来るのが便利なところ。 ただし、ダウンロードは1ファイルづつ個別行う必要があります。 透過PNGにも対応しています。  

「COMPRESS PNG」

COMPRESSPNG
COMPRESSPNG
http://compresspng.com 最近お世話になっています。 ここも複数ファイルを同時に処理でき、なおかつまとめてZIPファイルでダウンロードできます。 なので10個とか大量のPNGを一気に圧縮したい場合に重宝します。 透過PNGに加え、JPGにも対応しています。  

COMPRESSOR.IO

compressor.io
compressor.io
https://compressor.io 先日見つけたサイトさんです。 デザインがおしゃれで、JPGやGIF、さらにはSVGにまで対応しているそうな。 もちろん透過PNGにも対応。 圧縮したファイルをGoogleDriveやDropBoxに直接アップロードできる機能もついていてとても便利。 なんですが・・・ 複数ファイルを同時に処理できません。 また、処理画面が別なので圧縮が終わったファイルをダウンロードしたあと、アップロード画面に戻らないといけないという手間もあります。 そして、実際使ってみたところバグが発生。
処理画面
処理画面
画像のように、元画像から何%圧縮できたかがピンク色のバーが動く事でグラフィカルに分かるんですが、そのバーが100%を振り切っても上がり続けてしまうという状態に。 画面を更新したりして何度か試しましたが、同じ状態で圧縮できず。 COMPRESS PNGで試したとこと正常に圧縮できたので、画像に問題は無さそう。   最後はサイトではなくコマンドラインから使用するタイプのツール「pngquant」。 http://pngquant.org TinyPNGで圧縮エンジンとして使用されているようです。 つまりこれを使用すればTinyPNG同様のWEBサービスが作れます。 下記サイトさんで使い方が説明されてます。 ⇒pngquantでPNG圧縮

コメントを残す