ファイルサーバを再構築

先日ファイルサーバとして使用している自作パソコンが壊れたわけですが。

注文していたパーツが届いたので組み直しました。

買ったパーツは、CPU「AMD Athlon 3000G」、マザーボード「PRIME B450M-A」、メモリ「AD4U266638G19-D(DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組)」。

購入したパーツ
購入したパーツ

初 AMD 製 CPU による自作です。

早速、古いマザーボード「B75M-PLUS」を取り外し、CPU とメモリを取り付けた PRIME B450M-A に替えようとしたのですが、何にやらサイズが合わず。

古いマザーボードも新しいマザーボードも、サイズフォーマットは「MicroATX」。

しかし、新しい PRIME B450M-A の方が古い B75M-PLUS よりちょっと大きい。

調べてみると、B75M-PLUS は 22.6cm x 19.8cm で、PRIME B450M-A は 24.4cm x 24cm でした。

MicroATX の基本サイズは 24cm x 24cm だそうなので、B75M-PLUS が特別小さかったようです。

スペーサーの位置が変わるので付け替えようと思ったのですが、安物ケースなのでネジ穴が小さくてうまくはまらず。

しかも、HDD がメモリに干渉してしまい取り付けられないので、HDD を全て取り外すことに。

ついでに、ホコリが気になったので掃除もしていたら、マザーボードの取り付けだけで 1 時間ぐらいかかりました。

OS の再インストールが面倒だったので、SSD はそのまま使いましたが無事起動。

ドライバの再インストールしたりなんだりで1 時間ぐらいかかり、結局全部で 2 時間ぐらいかかってしまいました。

本当は 30 分ぐらいでささっと終わる予定だったのに。

今のところ動作は快適で、前の 「intel Pentium G630」の時より軽い気がします。

さて、このファイルサーバは何年もつでしょうか。

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください