ついにSIMフリー版Xperiaがソニーストア経由で販売決定

遂にこの時がやってきました。

なんと、SIM フリー版の Xperia が、ソニーストアや家電量販店で買えるようになります。

今回 SIM フリーで販売が開始されるのは、「Xperia 1 II(XQ-AT42)」「Xperia 1(J9110)」「Xperia 5(J9260)」の 3 機種。

しかも、ただの SIM フリー版ではなく、メモリやストレージが強化されています。

Xperia 1 II(XQ-AT42)は、キャリア版がメモリ 8GB、ストレージ 128GB なのに対して、SIM フリー版はメモリ 12GB、ストレージ 256GB とかなりアップグレード。

最近メモリが 12GB に強化された Xperia 1 II の情報がありましたが、これの事だったようです。

Xperia 1(J9110)と Xperia 5(J9260)は、キャリア版がストレージ 64GB なのに対して、SIM フリー版はストレージ 128GB になっています。

そして、どの端末もデュアル SIM 対応。

素晴らしいですね。

しかし、良いことづくめなわけではなく、3 機種ともワンセグ・フルセグは非搭載。

また、Xperia 1(J9110)はおサイフケータイ非対応で、カラバリもブラックとパープルのみでホワイトとグレーは無し。

カラバリで言うと、Xperia 1 II(XQ-AT42)は通常のブラックと入れ替えで「フロストブラック」という限定色が登場。

通常のブラックと違い、マットな質感で非光沢なブラックとのこと。

Xperia 1(J9110)、Xperia 5(J9260)が 8 月 28 日から、Xperia 1 II(XQ-AT42)が 10 月 30 日より販売予定。

家電量販店としては、現状ビックカメラが取り扱うようです。

補償サービス「Xperia ケアプラン」

ソニーストアで購入する場合、「Xperia ケアプラン」という補償サービスに加入できます。

Xperia ケアプランは、月額 500 円(税抜)、または年額 5,000 円(税抜)払うことで、故障や水濡れ、全損などの際に割安料金で交換や修理ができる補償サービスです。

交換の場合、負担金は Xperia 1 II(XQ-AT42)が 10,000 円(税抜)、Xperia 1(J9110)とXperia 5(J9260)が 7,000 円(税抜)で、年 2 回まで利用可能。

修理の場合、3 機種とも負担金は上限額 5,000 円(税抜)で、サービスの利用回数制限はなく何度でも利用可能。

キャンペーン期間中は分割払手数料が 24 回まで無料

キャンペーン期間中、分割クレジットで対象端末を購入する場合、24 回まで分割手数料が無料になるそうです。


補償サービスもしっかりしているので、これなら安心して SIM フリー版を買えそうです。

残念な点をあげるとすれば、廉価版であるミッドレンジモデルが販売されない点でしょうか。

iPhone も廉価版が出るほど廉価版への需要が高まっているので、ぜひ Xperia 10 II などのミッドレンジも SIM フリー版で販売して欲しい。

次期 Xperia がすぐさま SIM フリーで販売されるかわかりませんが、販売されるなら絶対に SIM フリーで買います。

引用元1:5G対応のフラッグシップスマートフォン『Xperia 1 II』など、3機種のSIMフリーモデルを日本国内向けに発売 | プレスリリース | ソニー
引用元2:Xperia(TM) スマートフォン | ソニー
引用元3:SIMフリー Xperia 取り扱い開始!| ビックカメラ.com

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください