ソニーのオープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82D」が折れた

イヤホンはソニーの「SBH82D」を愛用しているわけですが。

先日、いつものように装着しようとしたところ、右耳にはめる時に違和感があり、何かがポロッと取れました。

見てみると、耳にはめる部分が折れて床に転がっていました。

折れた SBH82D
折れた SBH82D

一瞬何が起きたかわからず、頭は真っ白。

状況を理解したときは、大きなため息が出ました。

去年の 9 月に購入したので、約 1 年の寿命でしたね。

当然のごとく 1 年保証は切れてますし、物理破損なので自然故障に該当するわけもなく、無償修理はできないでしょう。

とりあえず修理費用が知りたかったので、ソニーのサポートにチャットで相談。

すると、SBH82D は交換修理対象製品とのことで、修理ではなく製品交換になるそうな。

費用は 6,920 円(税別)。

Amazon だと約 9,000 円なので、修理の方が少し安い。

持ち込み修理になるので、ソニーサービスステーションか購入店へ持って行ってくださいと言われました。

ちなみに、ソニーサービスステーションに持ち込んだ場合、基本的に修理費以外はかからないそうなのですが、購入店に持ち込んだ場合は、修理費とは別に手数料がかかる可能性があるそうな。

日本に 3 店舗しかないソニーサービスステーションはどの店舗もはるか遠くあるため、購入店舗に持ち込むしかなさそうです。

週末にでも購入店舗へ行ってみます。

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください