結局ドコモで「Xperia 1 III」を買った

7 月 9 日からドコモ、au、ソフトバンクで販売が開始される「Xperia 1 III」ですが。

今回こそは SIM フリーで買うと決めていました。

しかし、結局ドコモで買ってしまいました。

買った理由は下記 4 点。

  • Xperia ケアプランがちょっと心もとない
  • SIM フリーの発売がいつになるかわからない
  • 端末補償が回線契約から分離するかも
  • すぐに購入できて発売日当日にゲット可能

Xperia ケアプランがちょっと心もとない

ソニーストアで SIM フリーの Xperia を買う場合、端末補償の「Xperia ケアプラン」に加入できます。

しかし、Xperia ケアプランでは機能に影響のない外観上のキズや汚れでは修理ができません。

また、一部ではバッテリー交換のみの修理もできないという情報もあったり。(できるという情報もあるので正直どちらが正しいかはわかりません)

ドコモの「ケータイ補償サービス」では、端末に故障や不具合が無くても外装だけ交換してもらうことができます。

しかも、同時にバッテリーの交換を申し込んでも負担金は 3,300 円。

自分は機種変更前に必ず外装とバッテリーの交換をしたいので、Xperia ケアプランの内容だと物足りません。

SIM フリーの発売がいつになるかわからない

Xperia の SIM フリー版は、いつ発売されるかが不明確です。

Xperia 1 II はドコモで去年 6 月に発売されましたが、SIM フリー版は 4 ヶ月後の 10 月に発売されました。

Xperia 5 II に至っては、ドコモで去年 11 月に発売されましたが、SIM フリー版は半年後の今年 5 月に発売されました。

この状況が続くなら、キャリアの発売から少なくとも 4 ヶ月は待たされることになります。

端末補償が回線から分離するかも

ドコモで買うのをやめたかった理由は、端末にドコモロゴが入るからというのもありますが、一番大きいのは機種変更したり解約すると端末の補償が無くなるから。

回線契約に補償サービスが紐づけられているため、1回線につき1つしか補償サービスが付けられず、機種変更や解約で端末の補償は無くなります。

しかし、ドコモは今夏を目途に補償サービスを回線契約から分離することを検討しているそうな。

そうすると、解約後も補償サービスの契約を継続できたり、端末のみ購入でも補償サービスに加入できるようになったりするらしい。

すぐに購入できて発売日当日にゲット可能

上記の Xperia ケアプランのことがあり、ちょっとドコモ版に心が傾き始めていたため、軽い気持ちで今日の 11 時頃に予約をしてみました。

発売日確定後だし今日から購入手続き開始なので、どうせ2~3週間は入荷待ち状態になるだろうと思っていました。

しかし、予約手続き後すぐさまステータスが入荷済みになり購入手続き可能な状態になりました。

しかも、発売日当日の配送指定が可能。

これは「買え」という神の御導きだったのかもしれない。


といった複数の要因が絡み、今回もドコモで買ってしまいました。

1 つ心配なのは、現在使用中の「Xperia 1」をまだ修理に出せてないこと。

元々購入するつもりがなかったので修理になんて出しているはずがなく、予約後すぐさまオンライン修理で外装とバッテリーの交換を申し込みました。

購入後 14 日以内であれば加入可能というケータイ補償のからくりを使い、ひとまずケータイ補償は Xperia 1 のままにして、修理が完了次第対象機種を Xperia 1 III に変えるという方法を使います。

この方法であれば、Xperia 1 の修理代金を補償適用時上限の 3,300 円にしつつ、Xperia 1 III を補償対象にすることができます。

しかし、問題なのは修理が 14 日以内に終わるかどうか。

修理代金は修理完了後に確定するそうなので、ケータイ補償の対象を Xperia 1 III に変えるタイムリミットである 14 日以内に修理が完了しないと、結局修理代が高くなる可能性があります。

何とか間に合ってくれると良いのですが。

そして、機種変更したメイン回線は 4G の「Xperia Ace II」で使用していることを購入した後に思い出しました。

5G 契約の SIM を 4G の機種で使用することは保証対象外です。

万が一うまく通信ができなかったりしても、ドコモさんに泣きつくことができません。

さて、どうしたものか。

いっそのことメイン回線を Xperia 1 III で使ってみようかな。

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

ここにはチェックしないでください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください