AirdroidとMobizen

スマホ(Android)からPCに写真とかファイルを取り込みたい時、通常はUSBで接続したり、クラウドにアップロードしたり意外と面倒臭い。

それを解消してくれたアプリが「Airdroid」

air_start
■GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sand.airdroid&hl=ja
■本体サイト
http://web.airdroid.com/

PCと同じネットワーク内にある無線LAN(wifi)にスマホ繋ぐだけで、PCのブラウザーからスマホ内のファイルをダウンロードしたりできる優れもの!

ファイルの操作や。
air_file

アプリの管理もできます。
air_app

ただ・・・

結局スマホを無線LANに繋いであげないといけないわけで。

自分は常にwifiはオフにする派なので、スマホ側でwifiをオンにする操作をしないといけない。

スマホに触れず動作して欲しい。

便利だけど今一歩かゆいところに手が届かないなぁなんて思っていたら、バージョンアップでモバイルネットワークに対応しちゃいまいした。

ただし、モバイルネットワーク経由の接続だと月100MBの転送容量制限が付きます。

プレミアム会員になれば1GBになります。

また、バージョンアップで防犯機能が追加されたそうで、紛失時などに音を鳴らしたり、地図で場所を探したりできるそうな。

実に便利なアプリです。

しかーし、そんなアプリをしのぐアプリがついにドコモから・・・

その名も「Mobizen」

mobizen_start
■GooglePlay
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nttdocomo.sdlmobizen
■本体サイト
https://mobizen.jp/

まだベータ版ですが、素晴らしいです。

「スマホ内のファイルをいじれるよ!」なんてもんじゃない。

スマホの遠隔操作(ミラーリングと言うらしい)です。

下記の画像がログイン後の画面。

mobizen_login

見れば一目瞭然ですが、右にスマホの画面がまんま映し出されます。

この画面でスマホの操作ができるのですが・・・

操作した内容はまんまスマホの画面に反映されます。

なので、画面ONにすればスマホの画面もONになるし、アプリ立ち上げるとスマホの画面でもアプリ立ち上がるし、完全な遠隔操作です。

おかげで電池の減りが速くなります。

スマホめっちゃ発熱します。

でも便利。

例えば、職場でスマホをカバンに入れたままでもメールチェックやLINEのチェックができます。

スマホが手放せない現代人にはうってつけですね。

まぁこの画面がウィンドウにデカデカしく表示されてたら確実に怪しまれそうですが・・・

そこはウィンドウサイズ調節して上手にやりましょう。
※職場で試して上司に叱られたりしても責任はとりかねます。

もちろん、「Airdroid」と同じように写真やファイルをPCにダウンロードすることもできます。

こんな素晴らしいアプリですが、欠点が。

ドコモの限られた機種しか対応していない・・・

対応機種は下記ページからどうぞ。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/trial/trial_app/mobizen/index.html

対応していない機種でもAndroid4.0以上であれば一部の機能が利用可能だそうな。

「mobizen」は元々、RSupportという韓国の会社がWindowsアプリケーションとして開発していたソフトらしいですが、ドコモと合弁会社を設立しブラウザアプリに落とし込んだようです。

ちなみに元のWindowsアプリケーションはというと、元サイトであったであろう「mobizen.com」というサイトが「mobizen.jp」にリダイレクトされるようになっているので現在はダウンロードできません。

同時に、公開されていた元のスマホアプリもGooglePlayから削除されており、現在はドコモ版のみが公開されている状態。

探せば古いバージョンをアップローダーなどに挙げてやり方を解説しているサイトなどが見つかりますが、たぶん使用してるサーバーなどが変更されていると思われるので動作しないでしょう。

スマホ内のファイルをPCにダウンロードしたりするのは「Airdroid」で十分ですが、「mobizen」の様なアプリも便利ですよね。

「mobizen」の正式版はやくリリースされないかなー。


コメントを残す