ドコモが大容量なデータプラン「ウルトラパック」を提供開始

最近auやsoftbankが大容量なデータパックを発表したわけですが。

ドコモもようやく発表しました。
⇒ 「ウルトラパック」の提供開始

個人向けは20GBの「ウルトラデータLパック」と30GBの「ウルトラデータLLパック」。

家族向けは50GBの「ウルトラシェアパック50」と100GBの「ウルトラシェアパック100」。

ちなみに個人向けは今日(9月14日)から提供開始だそうです。

プランを変更する気はないのですが、プラン表を見ていて気になる事が。

データMとウルトラデータパックLの差がたったの1,000円。

4倍なのに。

ちなみに元のデータパックLは6,700円。

ウルトラデータパックLはデータパックLよりも安い。

この料金設定はちょっと納得いかない。

もちろん大容量が安いに越したことは無いけれど、だったら既存の少量プランも値段を見直してほしい。

1,000円差で4倍はとてもおいしいけれど、一人で20GB使う人なんてそうそういないと思う。

むしろそういう人は自宅にWiFi設置してるだろうし。

これでユーザーがMVNOに流れたとしてもMVNOの大半はドコモ回線だし、結局ドコモが儲かるからどうでもいいのかな。


コメントを残す