Windows向けESETを「ESET Internet Security v10.0」にバージョンアップした

ウィルス対策ソフトはESETを使用しているわけですが。

Windows向けESETの新バージョン「ESET Internet Security v10.0」が去年末にリリースされました。

バージョン9までは「ESET Smart Security」でしたが、今バージョンから「ESET Internet Security」に変更。

前バージョンとの主な違いとしては、「ランサムウェア保護」「ホームネットワーク保護」「Webカメラアクセス制御」「スクリプトベースの攻撃保護」の追加、「アンチセフト機能」の削除。

さらに、新しいラインアップとして「ESET Smart Security Premium」が追加。

「ESET Internet Security」との違いとしては、データを暗号化仮想ドライブや暗号化USBメモリに保存できる「ESET Secure Data」、アプリやWebサイトのパスワードを暗号化したうえで一元管理する「ESET Password Manager」、「アンチセフト機能」が使用できる点です。

バージョンアップして1週間ほど使用してみましたが特に重くなるなど不審な症状はなし。

ただし、公式で確認済みの不具合はちらほらと再現しています。

早めに修正してほしいな。


コメントを残す