マカフィーリブセーフを使ってみた

去年末にWindowsタブレットを購入したんですが、そのWidnowsタブレットにウィルス対策ソフト「 マカフィー」の1年分が標準でインストールされていました。 初めは1台にしかインストールできない普通のマカフィーだと思っていたんですが・・・ なんとインストール台数無制限なマカフィーリブセーフでした。 それに気が付いたのは9月。 あと4ヶ月くらいしか使用期間がない。 もっと早く気付くべきだった。 慌ててSIM無しで使っているAndroidにインストール。 Windowsも2台程ESETの5台枠から外れた端末があったのでインストール。 で、ついでに動作検証のために仕事で使用しているパソコンにもインストール。 で、毎日仕事をしてみたわけですが・・・ 重い。 すごく重い。 CPUがCeleronでメモリは4GB、Windows7 32bit版なロースペックパソコンなんですが・・・ 耐えられない。 自動でウィルス定義アップデートが始まると「あ、今アップデート中かな」ってわかるぐらいに動きがもっさりする。 ウィルススキャンなんてしようものならChromeさんの動きがカクカクに。 まぁ自分がパソコンを酷使し過ぎなのかもしれませんが・・・ 1週間頑張ってみたものの耐えられず、アンインストールしました。 前にこのパソコンにESETの体験版をインストールしてみたことがありますが、こんなに重くならなかった。 もしかしてWindowsタブレットの動きがもっさりなのもこれが原因なのかも? とは思いつつも、有効期限まで使わなければもったいないので期限が切れたらESETを入れるか検討しよう。 という事で、マカフィーはあまりロースペックなパソコンには向かないことが分かりました。

コメントを残す