ドコモがdocomo with対象機種向けに「ケータイ補償サービス」を改訂

ドコモには携帯電話が故障した際の有料補償サービスとして「ケータイ補償サービス」があるわけですが。

そんな「ケータイ補償サービス」が 2017 年冬モデル以降の docomo with 対象機種向けに改訂されました。

”改訂”とは言ったものの、2017 年冬モデル以降の docomo with 対象機種向けのプランが新たに追加された形です。

そのため、それ以外の機種は今までと金額に変更はありません。

お取替え(リフレッシュ品との交換)費用

対象 月額料金 負担費用
2017 年冬モデル以降の docomo with 対象機種
SP モードケータイ(Android ケータイ)
330 円 5,000 円
2014 年冬モデル以降のスマートフォン、タブレット 500 円 7,500 円
それ以外の機種 380 円 1回目 5,000 円
2回目 8,000 円

保証対象外の修理費用

対象 負担費用
2017 年冬モデル以降の docomo with 対象機種
SP モードケータイ(Android ケータイ)
上限 5,000 円(修理可能期間まで)
2014 年冬モデル以降のスマートフォン、タブレット
それ以外の機種 上限 5,000 円(購入から3年間)

修理費用なども他の機種より安くなり、docomo with のお得度がより増した感じですね。

詳細は下記リンク先を参照ください。
⇒ 報道発表資料 : (お知らせ)「ケータイ補償サービス」の月額料金およびお客さまご負担金を一部改定 | お知らせ | NTTドコモ


コメントを残す