Xperia XZ2 シリーズを触ってきた

昨日の昼にドコモが夏モデルを発表したわけですが。

恒例の先行展示が一部のドコモショップで開催されています。

そこで仕事終わりに早速触りに行ってきました。

Xperia XZ2 Premium
Xperia XZ2 Premium

フォルムは思ってたより好印象

”ランチパック”と揶揄される新デザイン。

背面が膨らんでずんぐりむっくり。

しかし、アピールに「持ちやすくなった」と書いているだけあり、確かになかなか心地よいフィット感。

特に Xperia XZ2 Compact。

Xperia XZ2 Compact
Xperia XZ2 Compact

自分の手が小さいのも相まって、最高にジャストフィット。

印象が最悪だっただけにちょっと驚きました。

手持ちの Xperia XZ1 Compact と Xperia XZ2 Comapct、Xperia XZ Premium と Xperia XZ2 Premium を並べてみました。

Xperia XZ1 CompactとXperia XZ2 Compact
Xperia XZ1 CompactとXperia XZ2 Compact
Xperia XZ2 PremiumとXperia XZ Premium
Xperia XZ2 PremiumとXperia XZ Premium

Xperia XZ2 Compact は画面の面長さにちょっと違和感を感じますが、Xperia XZ2 Premium は上下のベゼルが細くなり前よりもファブレット感が強くなった感じがします。

重さはそこそこ

Xperia XZ2 Premium と Xperia XZ Premium は 40g ほど違いますが、そんなに重さは気になりませんでした。

しかし、Xperia XZ2 Compact は Xperia XZ1 Compact と比べ 20g ほどしか違わないはずなのですがズンとした文鎮の様な重みを感じました。

持ち続ければ慣れるのかなと思ったりもしますが、長時間の通話は辛いかなと思ってみたり。

発熱はよくわからない

Xperia Z4 以来やたらと引き合いに出される発熱問題ですが・・・

触っていた限り気になる発熱はなく。

ただ、3D のゲームなど高負荷な状態は試していないので詳細は不明です。

背面の指紋認証は最悪

問題の指紋認証。

とりあえず普通に持った状態で試してみようと思い、指を伸ばすと指紋認証のそれと思わしきところに指が当たった。

「あ、なんだ。意外にすんなりいけるんじゃん。」

なんて思ってひっくり返してみると・・・

触ってたのはレンズの部分でした。

自分の場合、普通に持った状態で指紋認証に触れるにはかなり指を曲げなければいけません。

頑張って指を曲げる図
頑張って指を曲げる図

持ち方にもよると思いますが、手が大きい人は無理なんじゃないだろうか。

指紋認証を意識すると下の方を持たないといけませんが、Xperia XZ2 や Xperia XZ2 Compact は面長になっているため、下の方を持つと正直ちょっと不安定。

指紋認証を意識してみる
指紋認証を意識してみる
半分より下を持つことになる
半分より下を持つことになる

ちなみに電源ボタンを押しつつ指紋認証に触れることはかなり困難。

しかし、Xperia XZ2 シリーズは指紋認証に触れると画面ロックが解除できるらしいのでその点は問題ないのかな?
※実際に試してません

カメラはよくわからず

肝心のデュアルカメラ。

特に体験コーナー的なものはなく。

シングルとデュアルを切り替える”豚の鼻”なんて呼ばれてるアイコンがあるのですが、切り替えてみてもいまいち違いが判らず。

違いを見極めるにはもっとじっくり触る必要がありそう。


ということで触ってきた感想をまとめたわけですが。

印象が悪かったデザインに関して思いのほか好印象に転換することができました。

しかし、やはり指紋認証がストレスになりそう。

側面に戻してもらいたい。

またデュアルカメラですが、正直自分には違いが判らず。

場所によってはメーカーの担当者が説明を行っていたりするそうなので、どうやったらこれまでのカメラと違いを感じられるのかとか聞いてみるといいかもしれない。

個人的な問題の色に関して言えば・・・

Xperia XZ2 Premium の Chrome Black は「従来の Chrome が黒っぽくなりましたよ」って感じです。

はい、嫌いではないけど黒とは認めません。

まぁ、どうせケースを付けるので見えなくなりますが。

兎にも角にも、悪い印象を抱いてる人は一度触りに行ってみることをお勧めします。

意外に気に入るかもしれませんよ。

コメントを残す