Windows 10 May 2019 Updateがリリース

Windows 10 は年2回、春と秋に機能追加が含まれる大型アップデートをリリースするわけですが。

今年の春版「May 2019 Update(バージョン 1903)」をリリースしたと Microsoft が公式ブログで発表しました。
⇒ How to get the Windows 10 May 2019 Update | Windows Experience Blog

Microsoft 公式サイトより引用
更新された WIndows 10 のページ

Windows Update 経由での更新は順次配信されていくと思われますが、配信を待てない場合には従来通りアップデート用ツール「更新アシスタント(Update Assistant)」を使うことで手動でアップデートすることもできるようです。

下記ページで更新アシスタントが配布されています。
⇒ Windows 10 のダウンロード

今回のアップデートではレイアウトの改良や検索とCortanaの分離、「ライトテーマ」の導入や隔離されたデスクトップ環境でソフトを実行できる「Windows Sandbox」機能の追加などが行われています。

一番の目玉はやはり「Windows Sandbox」でしょうか。

日々の作業を効率的にしたりするために出所のわからないソフトをインストールしたりすることもあるので、隔離された環境で一度検証できるのは助かる。

ただし、この機能は Windows 10 Home では使用できず、他にもメモリやディスクの空き容量などのシステム要件を満たさないと使用できないそうなので注意が必要です。

引用元:Windows | Microsoft Windows 10 Home と Pro OS、ノート PC、PC、タブレットなどの公式サイト

コメントを残す