SONYのAndroidウォークマンが復活

先日 SONY のプレスカンファレンスがあったわけですが。

Sony Mobile からは予定通り Xperia 5 が登場。

しかし、発表されたのはそれだけではありません。

新型ウォークマン「NW-A105」「NW-ZX507」

SONY 公式サイトより引用
Walkman A100 シリーズ
SONY 公式サイトから引用
Walkman ZX500 シリーズ

ウォークマンの新型として Android を搭載した「NW-A100」シリーズと「NW-ZX500」シリーズを発表しました。

Android 搭載のウォークマンが登場するのは 2015 年に発売された「NW-ZX2」以来じゃないでしょうか。

A100 シリーズの「NW-A105」はエントリモデルの位置付けで容量は 16GB のみ。

16GB と聞くと少なく思えますが、microSD カードスロットを搭載しているため拡張が可能。

いつの間にやらウォークマンも microSD カードスロットを搭載していたんですね。

ZX500 シリーズの「NW-ZX507」はハイエンドモデルの位置付けで、ハイレゾ再生を強化し容量は 64GB とのこと。

こちらも microSD で容量拡張可能。

両モデルとも独自の WM ポートを廃止して USB Type-C ポートに。

OS は Android 9.0 Pei を搭載し、WiFi に接続すれば Amazon Music などの音楽ストリーミングサービスも使用可能だそうな。

Xperia 版 iPod touch なんて考えるとちょっと欲しくなるのですが、エントリ―モデルの NW-A105 でも 350 ユーロ(日本円で約 4 万円)とのこと。

iPod touch が約 23,000 円なのでちょっと高い。

ハイレゾ対応イヤホン「IER-NW510N」が付属する予定らしいのですが、これ要らないから値段を下げてほしい。

あとは、端末のスペックが 「CPU は 1.8GHz のクアッドコア」ということしか公開されていないらしく、メモリがどのぐらいなのかなど一切わからず Android 端末としての使用に耐えるかが不明。

また、Android のセキュリティーアップデートや OS アップデートが配信されるのかも不明。

なので iPod touch 的な感覚で購入するのは微妙な感じ。

低価格帯の完全ワイヤレスイヤホン「WF-H800」

SONY 公式サイトより引用
WF-H800

h.ear シリーズの完全ワイヤレスイヤホン「WF-H800」を発表。

人気モデル「WF-1000XM3」の下位モデルという位置付けの様で、アクティブノイズキャンセリング機能が非搭載。

内部デバイスレイアウトを見直すことで小型化を実現したそうな。

WF-1000XM3 が気になっていたので、値段が WF-1000XM3 よりも低価格になるのであれば欲しいかも。

この他「WH-H810」というワイヤレスヘッドホンが発表されましたが、自分が興味ないた詳細は省きます。


新型のウォークマンがすごく気になりますが・・・

スペック不明なためいまいち。

たぶんメモリは 2GB か 3GB くらいかな。

そもそもストレージが 16GB だと microSD にアプリを入れるとしても少し心もとない。

発売後のレビューとか見て考えよう。

引用元1:A100 Walkman® A Series | NW-A100 SERIES | Sony Asia Pacific
引用元2:ZX500 Walkman® ZX Series | NW-ZX507 | Sony Asia Pacific
引用元3:WF-H800 h.ear in 3 Truly Wireless Headphones | WF-H800 | Sony Asia Pacific

コメントを残す