楽天モバイルがようやく繋がった

昨日楽天モバイルに接続できずに終わったわけですが。

ようやく接続できました。

繋がった端末は、昨日最初に試した SIM フリー端末「ASUS ZenFone Live(L1)」。

LTE Only で繋がったという人がいたので試したところ、無事繋がりました。

やり方を下記に記載しますが、楽天モバイルは対象外端末での接続は保証対象外としており、あくまで自己責任での行為であることを念頭においてください。

LTE Only にする方法

電話アプリを起動し、ダイヤル(電話番号入力)画面で「*#*#4636#*#*」を入力。

「テスト中」という画面が表示されるので、「デバイス情報(もしくは携帯電話情報)」をタップ。

すると端末の情報が表示されるので、「優先ネットワークの種類を設定」で「LTE Only」を選択。

APN の設定

APN(アクセスポイント名)は自動で設定されないので手動入力。

APN の設定は、楽天モバイルが公表していないため、Twitter などで情報を集める必要があります。

色々な情報があるので、根気よく試して端末に合う設定を探すしかありません。

ちなみに、自分が繋がった設定は下記になります。

※このテーブルは横にスクロールできます
名前 Rakuten Mobile(ここは何でもいいです)
APN rakuten.jp
MCC 440
MNC 11
認証タイプ PAP または CHAP
APN タイプ default
APN プロトコル IPv4/IPv6
APN ローミングプロトコル IPv4/IPv6
ベアラー LTE

これらを設定したらアンテナピクトが表示され、通信ができるようになりました。

ただ、ZenFone が悪いのか何なのか、起動後 30 分位圏外になり繋がりません。

また、やり方を記録するために一度ネットワーク設定をリセットしたのですが、その後からベアラーに LTE を設定すると APN が消えてしまうようになりました。

これは ZenFone 特有の現象のようです。

ひとまずこのまま使ってみますが、本格的に使うのなら端末買った方がいいかな。

ちなみに、昨日の記事にも書きましたが、Band 18/26 非対応端末は au の電波を掴めないため、楽天モバイル回線エリア外だと使えません。

早くエリアが広がるのを待つか、楽天モバイル回線エリアで使うか、Band 18/26 に対応した端末を用意する必要があります。

ただ、Band 18/26 対応端末であっても、ZenFone Live(L1)の様に LTE Only にしなければ使えず、通話ができない場合もあります。

やはり楽天モバイルの端末を買うのが無難でしょうか。

SIM フリー端末で自由に使えないのは、現時点で楽天モバイルのマイナスポイントですね。

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください