Xperia 1 II の純正ケース「Style Cover View XQZ-CVAT」

au 版の発売日に届いていた、ソニー純正ケース「Style Cover View XQZ-CVAT」。

ようやく出番がやってきました。

前回の Xperia 1 用純正ケース「Style Cover Touch(SCTI30)」は、品薄状態で発売から 2 ヶ月待ちな状態だったため、今回はケース販売の情報が出てからすぐに予約しました。

おかげで本体よりも 1 ヶ月早く手元に届きました。

Style Cover View XQZ-CVAT
Style Cover View XQZ-CVAT

毎度のことながら、純正品なのでフィット感は抜群です。

蓋側はスモーク(半透明)になっており、閉じたまま通知や日時の確認が可能。

日時や通知の確認が可能
日時や通知の確認が可能

ただし、Xperia 1 の純正ケース「Style Cover Touch(SCTI30)」と違い、閉じたままの操作は一切できません。

スタイルカバーアプリで、カバーを閉じた時の明るさ調整を「強」「中」「弱」「オフ」から選択できます。

実際試してみましたが、「強」と「弱」でもあまり違いを感じられませんでした。

Xperia 1 II は、SIM や SD カードを入れるスロットが 左側になったことにより、ケースを外さなくてもスロットを取り出せます。

スロットが取り出せる
スロットが取り出せる

これはケースというより本体側の仕様による恩恵ですね。

上部には、今回から復活したイヤホンジャックの穴がちゃんと開いています。

上部
上部

ホルダー部分はポリカーボネートだそうで、背面は少しザラザラして滑りにくくなっています。

繋ぎ部分は柔らかいので、蓋を背面に回した状態で持つこともできます。

ちなみに、このケースにも Xperia 1 II と同じ IPX5/8 相当の防水性能が備わっています。


ケースを装着してみての感想は、可もなく不可もなく。

Xperia 1 の純正ケース「Style Cover Touch(SCTI30)」は、蓋をしたまま操作できるのが売りでしたが、個人的にその恩恵を受けることはあまり無く。

「スマートカメラ起動」を設定していると、ポケットの中で勝手にカメラ起動したりとか、むしろマイナス要素しかなかった。

なので、操作できない今回のケースの方が使いやすいです。

引用元:Xperia 1 II Style Cover View XQZ-CVAT | Xperia(エクスペリア)公式サイト

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください