解約後にdアカウントを使いまわすなら解約前にやっておいた方が良いこと

先月ドコモの回線を 1 つ解約したわけですが。

その回線で使っていた d アカウントを、新規の回線に使いまわそうとしたら色々と面倒だったので、解約前に行っておいた方が良いことをまとめます。

連絡先メールアドレスを登録しておく

回線契約中は連絡先メールアドレスが登録してなくても困りませんが、回線が無くなると 2 段階認証のコード送信先がこのメールアドレスに変わるため、設定していないと面倒なことになります。

ちなみに、設定し忘れたまま解約してしまった場合は、「d アカウント設定」から登録可能で、下記ページの手順で設定ができます。

d アカウントから各設定を削除しておく

d アカウントに様々な設定が残っていると、電話番号の登録時にエラーが出ます。

主な要因は下記。

  • ポイント共有グループが「契約中」になっている場合
  • ドコモマイショップが登録されている場合
  • ドコモ光を登録されている場合
  • dカードが登録されている場合

詳細は下記ページに書かれています。

d アカウントの設定情報は可能な限りまっさらな状態にしましょう。

これらをやっておかないと、d アカウントが新しい回線の電話番号と紐づけできない可能性があります。

使いまわす予定の人は必ずやっておいた方が良いです。

ちなみに、自分は手続きが面倒なので諦めて、新しい d アカウントを作りました。

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください