ドコモの発表会を終えて

神は私に言った「ガラケー買えよ」と。

先ほどドコモの新機種発表会があった訳ですが・・・

予想を外れ、ガラケーで愛用しているNECから新機種が出てしまいました。

しかし、Xperia Z3 Compactが発売されるのもまた運命!

今回はZ3fではなくそのままZ3 Compactなんですね。

という事で早速ネット予約してしまいました。

開始15分程だったと思うので、自分が予約した店舗では予約者第一号にちがいない。

なんて思っていたのもつかの間、予期せぬ事態に。

何が予期していなかったのか。

それはデザイン。

そう、デザインです。

知ってますか?

Xperia Z3もXperia Z3 Compactも背面に「docomo Xi」ってデカデカしく印字されるんですよ。

えぇ、それはもう見事としか言いようがないくらいにデカデカしく。

「これ、ドコモの端末なんですのよ」とブランドをひけらかすの如くデカデカしく。

ドコモ版Xperia Z3 Compactの背面
ドコモ版Xperia Z3 Compactの背面

正直ガッカリ。

前々から一部の人々に「docomo Xi」って印字されている事自体がダサいなんて言われていましたが、もうこれはお手上げです。

この端末は「Xperia」であって「docomo Xi」ではない。

前までの様に前面の上部に配置される分には全然気にならなかったのに・・・

なぜ背面に押し出してきたのか。

今回はauのみならずソフトバンクからも発売されるらしいので差別化をはかりたかったのか?

確かに前まではauから出る端末は海外版をアレンジした物だったので、ドコモと全く同じXperia端末を販売しているキャリアはありませんでした。

しかし、今回のXperia Z3は3キャリア同じ端末を販売します。

「この人が持っているXperiaはドコモなんですよ」とアピールしたいのか。

ちなみにauバージョンのXperia Z3の背面はこんな感じ。

au版Xperia Z3の背面
au版Xperia Z3の背面

そう、この「Xperia」を押し出したデザインですよ。

海外版の「SONY」って入っているよりもこっちの方がしっくりくる。

なんて愚痴を書き綴りましたが、まだ買うとは決めていないので。

なんせ11月発売予定なのでまだ時間はあります。

「docomo Xi」が嫌ならSIMフリー版を買えば良い。

最近海外版のSIMフリー端末が日本の技適を取得したとの情報もあるので、もしかすると日本でSIMフリー版が販売されるかも?

しかし、その技適を取得した端末がソフトバンクの周波数帯に対応している事から、ソフトバンクからXperia Z3 Compactが発売されるなんて噂も。

だから今回はZ3fではなくZ3 Compactのままなのか?

他キャリアで同じ端末を販売するのであれば、ドコモだけ名前を変える訳にもいかないだろうし。

また、今回の発表会が前回までと違うなと感じたのは、ほとんどの端末が発売日未定な事。

現在発売日が決まっているのは「GALAXY S5 ACTIVE」と「らくらくホン」のみ。

主力端末のXperia Z3でさえ10月下旬発売予定な状態。

iPhoneの様にXperiaも3キャリアで発売日を揃えるのか、はたまた他キャリアの発売日を探っているのか・・・

なぞは深まるばかりです。

ちなみに、Xperia以外で背面に「docomo Xi」が印字されるのはGALAXY Note EdgeとDisney Mobile on docomo SH-02G。

これらが今回ドコモの主力端末という事なのか?

結局Xperia Z3 Tablet Compactは発売されず。

もしかしてソフトバンクから発売されるのか?

とはいえキャリア版を買うつもりはないので、ソニーストアではやくWiFi版発売の告知をしてほしい。


コメントを残す