抜歯した

昨日抜歯したわけですが。

特に腫れもなく、痛みも然程ありません。

抜くのに歯茎を切開するんだと思っていましたが、まっすぐ生えていて、かつ既に歯がほとんど露出してるのでそのまま抜けるらしく、ペンチの様な物(目隠しされていたのでどうやって抜いたか見ていません)でグリグリと引っこ抜かれました。

抜いた親不知は、根本が広がり挙げ句一部が変な風に曲がっていました。

そのため抜くのに苦労したようで、「顎の骨が一部くっついてくるかも」と抜歯真っ最中に言われガクブル。

抜くのが痛いというよりも、抜くために押さえられる下唇や引っ張られる肉が痛かった。

それでも15分ぐらいで抜けました。

「歯持って帰りますか?」と聞かれましたが「いりません」と即答。

抜歯した歯は、虫歯などが無いきれいなものであれば差し歯等に使えるらしいです。

なので貰っておく方が良いらしいですが、抜き終わったあとは脱力感でそこまで思考が回らず。

今更もらっとけばよかったかなと思っていたり。

抜歯後、今後の治療について説明を受ける中、驚くべき事告げられました。

なんと下前歯の内1本が死んでいるかもしれないとのこと。

なので今後はそこを治療していきましょうと・・・

あとは抜歯した傷口の経過観察と歯石除去で治療が終わりだと思ったのに・・・

しばらく歯医者通いが続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です