Excelで日付をコピペすると4年ズレる現象

今更知ったエクセルの真実。

Windows版とMacintosh(Mac)版では日付計算に使用する基準に違いがあるらしい。

先日、知人から”メールで送られてきたエクセルのデータを新規作成したエクセルにコピペすると日付がズレる”との相談があった。

最初はエクセルに変な設定をしてしまっただけだろう思い、自分の環境で新規エクセルを作成しデータをコピペ。

すると友人が言う様に日付が過去にさかのぼってしまう。

これはおかしい。

元のエクセルを見てみるもセルに関数などは仕掛けられておらず、ただ日付が入力されているだけ。

調べてみたところ意外にあっさりと答えが見つかった。

なんと日付計算をする際に、Windwos版は1900年1月1日を基準とするのに対しMac版は1904年1月1日を基準とするそうな。
⇒ Excelの1900年を基準とした日付方式と1904年を基準とした日付方式の違いについて

ズレた日付を確認したところ、確かに4年のズレがある。

正確には4年と1日。

1904年は閏年のためその影響で1日余分にズレます。

上記に記載したサポートページでは、対象製品がExcel 2007までしか記載されていませんがExcel 2010でも同様でした。

Excel 2013とOffice 365のExcelは持っていないため、どうなっているか不明です。

最近はiOS版やAndroid版もあるので統一されたのかな?

という事で、送られてきたエクセルがMac版で作成されていた可能性がある事を知人に説明し一件落着。

設定で基準を1904年にすることもできるので、詳しくはサポートページを見てみてください。
⇒ Excelの1900年を基準とした日付方式と1904年を基準とした日付方式の違いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です