ついにVAIO Phoneがお目見え

先ほど13時よりVAIOのスマートフォン発表会があったわけですが。

ついにVAIOのスマートフォンがお目見えしました。

VAIO Phone
VAIO Phone

表裏がガラス素材でできているそうで、何となくXperia Zシリーズを彷彿とさせます。

デザインはVAIO株式会社が監修したそうな。

スペックは下記の様になっています。

OS:Android™ 5.0 Lolipop 32 bit
CPU:Snapdragon 410 1.2GHz, クアッドコア
サイズ:5インチ
解像度:720×1280HD, TFT IPS LCD, 1600万階調
カメラ:【メイン】1300万画素 【サブ】500万画素
メモリ:2GB
内部ROM:16GB
外部メディア規格/最大容量:microSD/64GB
SIM タイプ:マイクロSIM
サイズ 幅(W)×高さ(H)×厚さ(D):約71.3 × 141.5 × 7.95mm
重量:約130g
連続通話時間/連続待ち受け時間:最大約800分 / 最大約500時間
バッテリー容量:2,500mAh

ミドルレンジに向けた製品だそうなので、スペック的には妥当な感じ。

CPUは64bit対応モデルのようですが、公式サイトには「Android™ 5.0 Lolipop 32 bit 」と書かれているので搭載するOSは32bitのようです。

あと残念な点はWiFiがacに対応していない事と、NFC非対応、防水非対応な所でしょうか。

まぁミドルレンジ向けなので仕方ないのかな。

端末のお値段は一括購入で税別51,000円程度。

SIM付だと月々3,980円の無制限コースと月々2,980円の1GBコースがあるそうで、こちらは月々2,000円の24回払いなので合計48,000円で一括購入より3,000円お得です。

しかし、音声プランしかない・・・

データ通信専用プランでもう少し安いのを作ってほしかった・・・

うーん、来月ガラケーの解約月なのでMNPしてみようかな。

うーん・・・

もう少しよく考えてみよう。

VAIO Phoneおよびプランについては下記ページをご覧ください。
⇒ VAIO® Phone 誕生。

追記

デザインが先日海外向けにPanasonicが発表した「ELUGA U2」にそっくりとの噂があるので探してみました。
⇒ パナソニック、台湾市場向け LTE 通信対応 Android 5.0 クアッドコアプロセッサ搭載 5インチスマートフォン「ELUGA U2」発表

確かに似ています。

発表会の質疑応答で「デザインは1から作ったのではなくベースとなるシャーシがあった」と答えているため、ELUGA U2と同じシャーシを採用している可能がありますね。

ただ、解像度がELUGA U2の方が上です。

また機体がVAIO Phoneが黒のみでELUGA U2が白のみという違いもあります。

それ以外のスペックはほぼ同じようです。

しかし、OSはどこにも32bitの表記が見つからないので64bitを搭載している模様。

それなのにELUGA U2は30,000円だそうな・・・

こうなってくるとVAIO Phoneへの物欲が・・・

消えちゃいますよね。

それにXperia Z3 Compactはドコモオンラインショップで52,920円で買えるわけですし、月々サポートを適応したら実質8,856円だそうなので、どう考えてもXperia Z3 Compact買いますよね。

性能も圧倒的にXperia Z3 Compactの方が上だし、サポート的にもドコモの方が安心できるし。

うん。

VAIO Phone要らないかな。

追々記

日本通信が「VAIO PhoneがELUGA U2にそっくりだ」という問い合わせに回答したそうで、「ベースにはしていない。たまたまだと思う。」と疑惑を否定したそうです。

まぁスペックが似通ったものになるのは仕方がないことがと思います。

同じCPUを選択した時点で、その他のパーツのスペックも似通った物に制限されるわけですし。

しかし・・・

背面右下という特長的な位置に配置されたスピーカーまで同じとなると・・・

たまたまベースにしたシャーシがELUGA U2と同じだったってことなのかな。

誰か人柱として両方の端末を分解比較してくれたらいいのに。


コメントを残す