MacのOSをクリーンインストールした

去年の9月にOS X 10.11がリリースされたわけですが。

rootlessという仕組みの影響でディレクトリのアクセス権が変わってどうのこうのみたいな記事を読んだので、一先ず様子をうかがっていました。

そして10.11.1がリリースされたので「そろそろいいかな?」と思いアップデートへ踏み切りました。

自宅のMacは特に不具合もなく。

それならと、職場のMacも思い切ってアップデート。

心配していたAdobeもちゃんと使えて一安心。

しかし・・・

起動が劇的に遅くなりました。

元々遅かったですが、さらに遅くなった気がします。

昔は「WindowsよりMacの方が起動が速い」なんて言われていましたが、今ではどう考えてもWindowsの方が早い気がします。(少なくとも自分の環境では圧倒的にWindowsの方が起動が速い)

数年前からMacを愛用している友人に聞いても「10.10あたりから遅くなった気はする」とのこと。

で、今回はレビューで「10.10は遅かったけど10.11にしたら速くなった!」みたいな書き込みがあったので少し期待していたんですが・・・

そして、最終的には何をするにも反応が遅くなり、ついに初期化を決意。

まっさらになると軽く気がするもののやはりログイン画面が出るまでに時間がかかります。

やはりメインに使うのはWindowsかなと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です