DG-09IWを売ってきた

売ってきました。

一昨年の末に購入したので使用期間は約1年。

初めこそ積極的に使っていましたが、最近では電源さえ入れていませんでした。


売ろうと考えた理由的に一番大きいのは動作の重さ。

初めこそ「まぁスペック的にこんなものかな」程度に考えていたものの、やはり使用回数を重ねる内にもたつきが気になるようになりました。

そして電池の減りの速さ。

Xperia Z3 Tablet CompactやiPad Air 2と比べると段違いです。

パソコン向けのOSだからと考えれば消費電力が多いのもなんとなくあきらめがつく気がしますが、今後タブレット市場にどんどん展開していくのあれば今のままではダメかと思います。

タブレットモードでは画面UIだけでなく消費電力を抑えるような工夫をしてほしいですね。(これはDG-09IWに限らず全てのWindwosタブレットに言えると思いますが)

そして、DG-09IWに落胆する原因となった「WiFiとBluetoothが同時に使用できない」現象。

これはなかなか致命的ですね。

WiFiがacに対応していたら話は違ったんでしょうが、低価格設定なタブレットなので致し方無いのかもしれません。

そんなこんなで数日悩んだ挙句、お馴染みのソフマップへ。

買取金額は5,200円・・・

自分が行ったソフマップではこれがDG-09IWの買取金額上限なんだそうな。

ネットで調べたとき、ドスパラなら買取上限1万円という情報があったため、同じぐらいで買い取ってもらえるかなって思ってたってたんですが・・・

既に18時を過ぎていたため、そこからドスパラへ行っても閉店時間に間に合わなそうだし、わざわざ移動するのが面倒なのでそのまま買い取って貰うことに。

最近では最新のAtomを搭載した低価格なWindowsタブレットも登場してきているため、今度はもう少し実用性のある物を買おうかなと思います。


コメントを残す