OS X 10.11でSMB接続ができない

OS X 10.11にアップデートした時からSMB接続でWindowsのファイルサーバに繋ぐことができなくなりました。

まぁアップデートで直るだろうと放置しておいたのですが、記事作成時点最新の10.11.4でも現象は改善せず。

仕方がないので調べてみたところ、どうやらフォルダ名に濁点や半濁点を含むひらがなやカタカナを使用していると発生するらしい。
⇒ El CapitanからのSMB接続で、濁点・半濁点のあるフォルダが開けない

これはUnicodeの正規化でWindowsやLinuxが濁点や半濁点を含む文字でも1文字として扱うNFCという形式を使用しているのに対して、Mac OS Xでは濁点や半濁点を本体とは分離して扱うNFDという形式を使用しており、その差異によるバグではないかと見られています。

また、SMB接続の役割を担うプログラムが10.10ではバージョンが3.0.2なのに対して10.11では3.0.0とダウングレードしており、これにより10.10まではNFCとNFDの差異を処理できていたが10.11では処理できなくなったのではないかとも考えられています。

そのため、Windowsに限らずLinuxのファイルサーバに対してもSMBで繋ぐと同様の現象が発生するらしい。

ただし、AFP接続ならこの現象は発生しないらしくLinuxの場合はAFP接続で本現象を回避できるそうな。

しかし、WindowsはAFP接続できないためターミナルから手動でマウントすることで対策できるそうな。

自分の環境ではフォルダの共有名が「共有フォルダ」になっているため、ファイルサーバに繋ぐことすらできない状況(サーバに繋がってはいるけどフォルダが開けないから繋がっていないように見える)になっているらしい。

ということで、早速フォルダ名を「share」に変更してみたところ繋がるようになりました。

しかし、やはり濁点や半濁点を含むひらがなやカタカナを使用しているフォルダは開けません。

前回の突然ネットワークアダプタが認識されなくなった問題もそうですし、iOSでの不具合もそうですし、最近のAppleさんはいかがなさっちゃったんでしょうかね・・・

この現象を早く修正してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です