NikonのD5300でSIGMAのレンズが動かなくなった

Nikon の D5300 を買って早3年になるわけですが。

レンズキットでついてきた 18-55mm 以外の3本(70-300mm と 18-250mm)は SIGMA 製を愛用しています。

普段から SIGMA の 18-250mm を装着しており、近くから遠くまで撮れるため、滅多にレンズ交換を行いません。

で、久々にカメラのメンテナンスついでに 70-300mm を装着してみたわけですが・・・

オートフォーカスが動かない。

ピクリとも動きません。

たしか最後に使用したのは2か月ほど前。

「使わな過ぎて壊れちゃったかな?」と思いつつも、ちょっぴり気になることが。

それは、D5300発売時に問題になったSIGMAレンズが正常に動かない問題。
⇒ ニコン「D5300」の対応についてのご案内

当時、70-300mmを買った後でこの問題を知り慌てふためいたわけですが、自分のD5300では問題なく動いたためサポートへ送って対処してもらうことなく使用していました。

そのため、自分が使用している70-300mmはD5300への不具合が未対処な状態。(18-250mmは対処済みの製品を買いました)

で、実は先月にD5300のファームウェアをアップデートしています。

「まさか今更動かなくなるなんてこと・・・」と思いつつも、念のためカスタマーサポートにメールで問い合わせ。

すると、次の日に返信があり、

”当初のD5300ではライブビューAFが動作しないものでしたが、最新バージョンのD5300ではファインダーAFも動作しなくなっています”

とのこと。

どうやらD5300のファームウェアをアップデートしたことで完全に動かない状態になってしまったらしい。

ということで、おとなしくカスタマーサポートへ送って対処してもらおうと思います。

■雑記

実はSIGMA USB DOCKという機器を使えば、この不具合は自宅で対処が可能です。

で、問い合わせを行ったあとAmazonで探してみたところ、約4000円(自分が見たときは4063円)で買えることがわかり、ボーナス(雀の涙ほど)も入ったし今後も買いたいSIGMAのレンズ(特にContemporary 150-600mmが欲しい)があるため、持っておいて損はないだろうと購入しました。

そのため自宅で対処できるんです。

しかし、せっかく無償で対処してくれるそうなのでカスタマーサポートにお願いしてみようと思います。

■追記

どうやらSIGMA USB DOCKに対応しているレンズには限りがあるようで、試しに18-250mmを接続してみたところ「非対応です」と表示されてしまいました。

宝の持ち腐れになってしまいました・・・

買おうと思っている方は自分のレンズが対応しているか確認してから購入することをおすすめします。


コメントを残す