アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)「Campark ACT76」は想像以上にダメだった

先日アクションカメラ「Campark ACT76」を購入したわけですが。

外出した際に持ち出して色々試し撮りをしてみましたのでその結果をまとめたいと思います。

写真は全く使えない

撮れないとかではなく、撮った写真が酷すぎて使えないという意味です。

想像を絶する酷さでした。

ではその酷い写真をご覧ください。(画像をクリックすると拡大されます)

16Mで撮影
16Mで撮影

一見ちょっと粗い程度に見えますが、等倍で切り出してみると・・・

16Mを等倍で切り出し
16Mを等倍で切り出し

お分かりいただけただろうか?

まるで油絵の様。

これならスマートフォンで撮った写真の方が数倍マシです。

ちなみに写真の画質は 2M、5M、8M、12M、16M から選べるのですが、これは最高の 16M で撮りました。

まさかこんなことになっているとは思いもせず、最低の 2M で撮った写真がなかったため急遽撮りました。

それがこれ。

2Mで撮影
2Mで撮影

もう何となく画質の悪さがわかりますね。

等倍で切り出したのがこちら。

2Mを等倍で切り出し
2Mを等倍で切り出し

なんでしょう。

ピントが合う合わない以前の気がする・・・

動画も微妙

肝心の動画も微妙です。

1080p(FHD)の 30fps でギリギリ諦め半分で許容できるかな程度。

4K なんかで撮ろうものなら目も当てられません。

ガサガサで色は悪いしシーンは飛んだり止まったり。

FHD や HD だと 60fps や 90fps で撮影する設定がありますが、これもシーンが飛んだり止まったりします。

まぁドライブレコーダーに使う程度であれば良いのかな。

その他気になるところ

ボタンがすごく軽くてカスカスです。

安物感満載な押し心地。

また、ケースに入れず写真撮っていて気付いたんですが結構発熱します。

という事で、やはり値段相応・・・というより少し割高といった感じです。

これで 4,000 円~ 5,000 円程度ならあきらめがつきますが、7,980 円ですからね。

これなら1万円ぐらいの型落ちコンパクトデジカメとかの方が写真も動画もきれいに撮れると思います。

まぁ付属品が沢山付いてくるしその分と考えれば本体は 5,000 円ぐらいに収まるのかな?

という事で、安いという理由で中華製のアクションカメラを選ぼうとしている方はご注意を。

全ての中華製アクションカメラがこれと同じような物ばかりというわけではありませんが、買ってから後悔したくなければしっかりと事前に調べてから購入するようにしましょう。

ちなみに前の記事で書きましたが、Campark ACT76 に使われているとされるイメージセンサー「IMX179」は有効画素数が 800 万画素だとされており、4K を扱えるイメージセンサーではないと言われています。

Campark ACT76 と同じようにイメージセンサーに「IMX179」を使用しているのに「4K が撮れる」なんて書かれている製品は要注意かもしれません。


コメントを残す