if文の文法によるelseif

elseifという初歩的なところでつまづいたのでメモ。

下記の場合、elseifのelseとifの間に半角スペースが入ろうが入らまいが動作します。

elseifとelse ifは同じであるとみなされます。

if(){
処理
}elseif(){ ←動作可
処理
}else if(){ ←動作可
処理
}else{
処理
}

しかし、if文には別の書き方があります。

if():
処理
elseif(): ←動作可
処理
else if(): ←動作不可
処理
else():
処理
enbif;

この場合、elseとifの間に半角スペースを入れてはいけないと厳密に決められており、半角スペースが入っていると動きません。

この書き方を記していたサイト様は半角スペースが入っており、自分も普段から半角スペースを入れる派(入れる派と入れない派で争いがあるらしいです)だったので何も躊躇いませんでした。

そして動かなくなり、検索をかけたらphpの本家サイトがヒットし、中には大変丁寧に間違った記述として紹介されていました。

こんなことばっかやってるから、いつまでもへたれプログラマなんですよね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です