MS factoryのiPad Pro(11インチ)用「ペーパーライク保護フィルム」を買った

先日 iPad Pro(11 インチ)を購入したわけですが。

購入時には画面保護フィルムを買っておらず、後から Amazon で注文しました。

購入したフィルムは MS factory の「ペーパーライク保護フィルム」。

ペーパーライクフィルムはアンチグレアの少し白っぽいフィルムで、表面がザラザラしていて紙質に近い書き心地を再現してくれるフィルムです。

Apple Pencil を使用するならペーパーライクフィルムが良いとの意見を多く見たため、今回試しに買ってみました。

MS factory ペーパーライク保護フィルム
MS factory ペーパーライク保護フィルム

中身はフィルム、空気を抜くためのヘラ、画面クリーナー(布とウェットシートの 2 種)、埃除去用のシール。

中身
中身

先にも触れましたが、見ての通り少し白っぽいです。

フォルム本体
フォルム本体

貼ってみるとこんな感じ。

貼ってみた
貼ってみた

アンチグレアなので映り込みは抑えられています。

上部のカメラやセンサーがある部分はカットされています。

上部
上部

レビューなどで汚れやすいとの意見がありましたが、確かに指紋などの汚れは付きやすく、埃も比較的付着しやすい感じです。

画面の汚れ
画面の汚れ

また、画面の繊細さは失われるとの意見もありましたが、確かに iPad Pro の持ち味である画面の繊細さや鮮明度は薄れた感じがします。

ただ、YouTube などを視聴するのに問題はない程度かなと個人的には感じました。

その他にも、タッチの感度が落ちたなどの意見も見られましたが、自分が使用している限り操作に影響が出るほど大きく感度が落ちた感じはしません。

そして肝心の書き心地ですが・・・

紙に書くような書き心地かと聞かれれば正直微妙ですが、通常のフィルムよりは格段に書きやすいです。

ペン先が滑ってしまう感じがなく、安定して書くことができます。

ということで、ある程度犠牲にする部分もありますが書き心地を優先するのであればペーパーライクフィルムは良い選択肢かなと思います。

逆に画面のきれいさなどを優先する場合には向きません。

自分がどちらの用途で使うのかに合わせて吟味してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください