ドコモが5G対応の新機種と5G向け料金プランを発表

今日はドコモの発表会だったわけですが。

5G に対応した新機種と、5G 向けの料金プランが発表されました。

ドコモ公式サイトより引用
NTTドコモ 5G

新機種

ドコモ公式サイトより引用
2020 docomo collection

発表された新機種は下記 13 機種。

※このテーブルは横にスクロールできます
機種名 発売時期
5G対応 スマートフォン Galaxy S20 5G SC-51A 2020年3月25日(水曜)
AQUOS R5G SH-51A 2020年3月25日(水曜)
LG V60 ThinQ 5G L-51A 2020年4月下旬以降
Xperia 1 Ⅱ SO-51A 2020年4月下旬以降
Galaxy S20+ 5G SC-52A 2020年5月下旬以降
Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A 2020年6月以降
arrows 5G F-51A 2020年6月下旬以降
Wi-Fiルーター Wi-Fi STATION SH-52A 2020年5月下旬以降
4G(LTE)対応 スマートフォン Xperia 10 Ⅱ SO-41A 2020年5月下旬以降
arrows Be4 F-41A 2020年6月以降
Galaxy A41 SC-41A 2020年6月以降
LG style3 L-41A 2020年6月以降
タブレット dtab d-41A 今夏

5G 対応機種は噂通りのラインナップ。

5G 対応機種は「5G WELCOME 割」が適用されるそうで、新規契約および乗り換えは 22,000 円、機種変更は 5,500 円が割り引きになるようです。

なお、乗り換えは MNP のみでなく FOMA(3G)からの乗り換えも含むようです。
訂正:他社 3G 契約からのみで FOMA(3G)からの乗り換えは含みませんでした

新料金プラン

発表された 5G 専用プランは「5G ギガホ」「5G ギガライト」「5Gデータプラス」の 3 つで、3 月 25 日より提供開始とのこと。

基本は現在のプラン「ギガホ 2」「ギガライト 2」「データプラス 2」(ドコモのホームページでは「ギガホ」「ギガライト」「データプラス」と表記)をベースにしたものになっています。

ドコモ公式サイトより引用
料金プランイメージ

「5G ギガライト」は、「ギガライト 2」と大きな違いはなく、料金も据え置きです。

「5G ギガホ」は、「ギガホ 2」の 7,150 円から 7,650 円 (定期契約なし、各種割引なしの場合の金額) にアップ。

しかし、データ通信の最大容量が 30GB から 100GB にアップし、通信制限時の速度も 1Mbps から 3Mbps にアップしています。

また、5G ギガホ契約者限定でデータ通信の最大容量が無制限になる「データ量無制限キャンペーン」を実施。

4G エリアでも無制限になるとのこと。

データ量無制限キャンペーンは 3 月 25 日より開始ですが、終了日時は発表されていません。

この他、5G ギガホ向けの割引は 6 ヶ月間料金が 1,000 円割引になる「5G ギガホ割」や、音声オプションが 12 ヶ月間 700 円引きになる「5G ギガホ音声割」もあります。

ちなみに、現在展開中のキャンペーン「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」は、今回は発表された「5G ギガホ」「5G ギガライト」も対象のようです。

「5G データプラス」も現状の「データプラス」とほぼ同じですが、「5G ギガホ」とペアにした場合の通信制限は 30GB になるようです。

なお、5G 専用プランは 5G 対応機種を利用していることが確認できないと契約できないようです。


薄々「Xperia 10 Ⅱ」出るかもなと思ってはいたものの、本当にリリースされました。

買おうかどうかすごく悩みます。

「Xperia 1 Ⅱ」は商品ページ公開後、すぐさま予約しました。

しかし、「5G WELCOME 割」を後から知ったので急遽新規契約でも予約しました。

22,000 円の割引は大きいですからね。

ただ、新規契約の場合は審査の関係で発売日に手に入らない可能性があるため、そこがものすごく心配です。

ドコモ版の Xperia 1 Ⅱ は、ストレージが 64GB になるとの噂が出ていましたが、128GB で安心しました。

グローバル版の半分ですが、写真などは都度 microSD カードやパソコンに移動するため、個人的には 128GB もあれば十分です。

また、一部では派手な「docomo 5G」のロゴが背面にプリントされるのではないかと心配されていましたが、想定していたよりかは控えめで一昔前の au と同じロゴの配置です。

ただ、このロゴ配置は au の時から嫌いで、理由としては「SONY」ではなく「Xperia」なのだから Xperia ロゴを強調して欲しいのです。

ドコモが自社ロゴを廃止するのはいつになるんでしょうね。

ひとまず Xperia 1 Ⅱ の発売日発表を待ちたいと思います。

引用元1:5G 2020 docomo collection スマホの最新機種特集 | 製品 | NTTドコモ
引用元2:5Gギガホ | 料金・割引 | NTTドコモ
引用元3:5Gギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ
引用元4:5G WELCOME割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
引用元5:5Gギガホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
引用元6:5Gギガホ音声割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
引用元7:データ量無制限キャンペーン | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください