Qualcommがミッドレンジ向けチップセット「Snapdragon 768G」を発表

Qualcomm(クアルコム)が、「Snapdragon 765G」の後継にあたる 5G 対応のミドルレンジ向けチップセット「Snapdragon 768G」を発表しました。

Snapdragon 765G と構成は同じですが、 CPU の最大動作クロックが引き上げられ、GPU のパフォーマンスは最大 15% 向上。

Bluetooth 5.2 に対応し、リフレッシュレート 120Hz のディスプレイもサポートするとのこと。

また、Google Play ストアから直接新しいグラフィックドライバーをアップデートできる新機能を搭載しているそうです。

なお、Xiaomi が Snapdragon 768G を搭載したスマートフォンを発表済み。

引用元:Snapdragon 768G 5G Mobile Platform | Qualcomm

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください