WindowsのReadyBoots機能

家のパソコンは32GBのメモリーを積んでいます。

自宅で作業する際にメモリーのことを気にしたことはありません。

会社のパソコンは4GBしか積んでいません。

会社で作業をするとすぐメモリー空容量が枯渇します。

普通に作業している状態でも、2.8GBのメモリーを使用しています。

ちなみに家ではいつも通り作業している状態で4.3GBのメモリーを使用していました(笑)

4GBで十分だなんで言われていますが、やはり快適に作業するなら仕事用のPCは8GBぐらいは標準で積んでほしいですよね。

なんだかんだファイル開いたりブラウザ開いたりしながら作業しますからね、4GBなんてあっという間ですよ。

そしてマウスカーソルがカクカクなったり、一瞬固まってみたりと不具合が起きるわけです。

現状自分の会社のPCがその状態で、会社のPCなのでメモリーの増設は望めるわけもなく。

そこで使ったのがWindows 7に標準で搭載されている「ReadyBoost」なる機能。
⇒ ReadyBoost

簡単に言うと、USBメモリーをメモリーとして使ってしまおうという機能です。

XP時代にフリーソフトで同じようなのがありましたが、7からは標準搭載の純正機能なので安心感がありますね。

で、早速試してみます。

いろいろ調べていると、「4GB以上のUSBメモリー挿しても4GBまでしか認識しないよ」って書いてあるサイトさんが多々ありますが・・・

公式で「PC1台でUSBメモリー8個まで認識できて合計256GBまで利用可能」と書いてあります。

計算してください。

4GB × 8個 =32GB

256GBには到底及びません。

32GB × 8個 = 256GB

そう、32GBのUSBメモリーが8個搭載できる計算になります。

しかし、実際に設定しようとすると確かに8GBのUSBメモリーを挿しているのに4GBまでの設定しかできないようになっています。

画面1
画面1

※キャプチャーを取るの忘れたので、画像は拾いです。

たぶん何かからくりが・・・

そして思いついたのがフォーマット形式。

画面2
画面2

既定のフォーマットがFAT32になっています。

これをNTFSにしてフォーマットしなおすと・・・

画面3
画面3

8GB認識させることができました!!

これにて設定は一件落着。

ちなみに・・・

NTFSはWindows XPから使われるようになったWindowsの規格です。

FAT32よりデバイスへのアクセスが高速ですが、LinuxやMacではこの形式でフォーマットされたHDDやUSBメモリーを認識することができません。

逆にFAT32はWindows、Mac、LinuxすべてのOSで認識することができます。

なので、USBメモリーの既定フォーマットはFAT32なのです。

現在、4GB時代のもっさり感が嘘のように快適に動作している会社のPC。

どんなにテキストを開きっぱなしでブラウザ広げながらGimpで画像加工してる間にメールチェックしても、前のようにカーソルがカクカクしたりしません!

しかし、メモリーを増やしただけでは解決できない動作不調があったため、結局リカバリーしましたとさ。

追記

Windows VISTAでは4GBまでのUSBメモリーしか使えなかったそうですが、Windows 7からその制約が無くなったそうです。

また32bit版の場合、メモリが4GBまでしか搭載できない制約がありますが、これは物理メモリーに対する制約ですのでReadyBoostは対象外です。


コメントを残す