Windowsタブレット「DG-09IW」がやってきた

去年の末にDG-09IWを注文したわけですが。

なんと年明けの配送予定だったのに年内に届きました。

お正月休みにじっくり触ってみた感想をまとめてみます。

まずは外装。

箱はこんな感じ。

箱

想像よりもサイズが小さかったです。

中身はサラサラした袋に包まれています。

中身
中身

サラサラした袋から取り出すとこんな感じ。

正面
正面

ディスプレイには既にグレアタイプの保護フィルムが貼られています。

保護フィルムをどうしようか悩んでいたので大助かり。

フレーム部分に多少ゴミがや気泡が入ってたりしますが、使用に影響のない程度でした。

ただ、欲を言えば貼らずに箱に入れておいてくれれば自分で貼ったのに・・・

8インチのXperia Z3 TabletCompactとサイズ比較。

XperiaZ3TabletCompactと比較
XperiaZ3TabletCompactと比較

一回りくらい大きいです。

100円ショップで購入したB5サイズのクッションケーにDG-09IWを入れてみます。

B5サイズのクッションケース
B5サイズのクッションケース

ぶかぶかです。

なのでB5サイズよりは小さいです。

ディスプレイはとても綺麗です。

普段見慣れているPC向けディスプレイは画素密度が96dpi程度ですが、DG-D09IWは8.9インチで1920×1200なので254dpiです。

iPad Air 2と同程度の画素密度ですね。

そのため、画素密度が高いディスプレイに対応していないサイトやアプリは画像がぼやけてしまいます。

PC向けのサイトなどは高精細液晶なんて考えずに作られているサイトが多いですからね。

最近では2Kや4Kのディスプレイが販売され始めているので、これからどんどん高精細液晶向けの対応がなされていくんじゃないでしょうか。

明るさを最大状態でXperia Z3 TabletCompactと比較してみました。

明るさチェック
明るさチェック

Xperia Z3 TabletCompactの方が断然明るいです。

でも、通常使用するのには支障無い明るさです。

そして肝心のバッテリー。

これはWindows機ならではといった感じで、実際に使用していると6時間程度が限界でした。

動画再生なんかしてるともっと減りが早いかもしれません。

ただ、公式が約6.1時間なので概ね合格ラインです。

動作に関してはさすがにパソコン並みの処理をさせるのは無理ですが、テキスト入力したりネットサーフィンしたりする分には重いとかフリーズすることはなく快適そのもの。

発熱もあまりないので長時間使うことができます。

動画の視聴も問題無し。

カクつくことなくスムーズに再生されます。

その他、Windows8.1特有の問題としてWiFiが切れやすいという問題があるようです。
⇒ Windows 8 & 8.1 で頻繁に制限付きアクセスとなって Wi-Fi 接続が切れる

自分のDG-D09IWもスリープモードから復帰するとWiFiが「制限付きアクセス」になってしまい、ネットワークに繋がらなくなる現象が発生。

WiFiドライバーの更新があったので適用したところ、多少改善されましたがまだたまに繋がらなくなるときがあります。

Windowsタブレットを約1か月使ってみて思うことは、タブレット向け環境の未完成感が強いという事です。

入力にしろ、UIにしろ、まだまだタブレットとして使うには不便な部分が多々あります。

今年秋にリリース見込みのWindows10はタブレット向けUIが搭載されるそうなので、それに期待しましょう。

そしてやはりWindowsタブレットで一番改良余地があるのは省電力性ですね。

もう少し長持ちしてほしい。

この機体の特有の欠点をあげるなら、横向き使用を想定して作られているのにスピーカーが左側についていること。

そのため、動画を見ていると左から音が聞こえるため違和感があります。

内部構造の影響で下に付けれなかったのかな?

次回アップグレード版の機体を発売するときはぜひそこを改善してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です