Xperia M5とXperia C5 Ultraに見るXperia Z5シリーズ

昨日Xperia M5とXperia C5 Ultraが発表されました。

日本では発売されない端末なのであまり興味がありません。

が、しかし。

ここからXperia Z5シリーズに通じる何かはあると思います。

なのでその辺を考察してみようかと。

Xperia C5 Ultraから。

まず大きな変化として挙げられるのが「ベゼルレス」。

Xperia Z4でも十分に薄かったですが、ついに無いに等しい薄さになりました。

Xperia C5 Ultra
Xperia C5 Ultra

こうなってくると結構好き嫌いが別れてくると思います。

Sonyのロゴ隠すとHuaweiの端末に見えなくもない。

たぶんXperia Z5もベゼルレスなデザインになると思われます。

そしてもう1点、画面サイズが大きくなりました。

Xperia C4は5.5インチでしたが6インチになっています。

最近の噂ではXperia Z5はミドルレンジで、ハイエンドとしてはファブレットサイズのXperia Z5+(Xperia Z5 Ultraではないかとの意見も)が出るなんて話があります。

iPhone6 Plusも人気ですし、ファブレット層をターゲットにしていくのかもしれません。

Xperia Z5+はSnapDragon820を搭載して今年中に発売されるであろうと言われています。

Xperia Z5はXperia Z4と同じSnapDragon810(熱暴走対策バージョン)搭載で9月2日のカンファレンスで発表されると噂されています。

Xperia Z4と同じCPUを使うのであれば、確かにそれはミドルレンジになりえます。

しかし。

もし事実であれば、これは数字を上げる意味はあるのか?

というか、誰が買う?

熱暴走を恐れてXperia Z3+やXperia Z4を見送った人?

たとえ熱暴走対策されたバージョンのCPUであったとしても魅力はいまいち。

それならハイエンドと噂されるXperia Z5+を買うでしょう。

ファブレットは要らないよって人にはXperia Z5が選択肢になりえるのか?

自分なら絶対にXperia Z5+を買う。

話が逸れました・・・

次はXperia M5。

Xperia M5はメインカメラが進化しています。

2150万画素センサー搭載で、「ハイブリッドオートフォーカス」と呼ばれる新型のオートフォーカス機能を搭載。

このオートフォーカスなら、わずか0.25秒でピントを合わせることができるそうな。

そして、光学5倍の無劣化ズームにISO3200に対応し4K動画撮影も可能。

きっとこのカメラ性能もそのままXperia Z5シリーズに搭載されるでしょう。

なんだかXperia Z5がすごく良い端末に思えてきた・・・

さて、Sonyのカンファレンスまであと1ヶ月を切りました。

たぶん今月末あたりに例のごとく実機画像が流出することと思うので、それを楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です