iOS 10のWiFi不具合がいつの間にか直っていた

先週iOS 10にしたiPad2台が特定のWiFiに繋がらなくなるという不具合に遭遇したわけですが。 ⇒ iOS 10にしたらWiFiに繋がらなくなった 先週末にはiOS 10.0.2の配信が開始されました。 早速該当のiPad2台をアップデートしてみたわけですが・・・ 繋がらず。 iOS 10.0.3が出るまで放置しておこうかと思ったのですが、特に重要なデータが入っているわけでもないので初期化してクリーンインストールしてしまおうかと。 で、念のためiTunesでバックアップを取り設定からリセットを開きます。 すると「ネットワーク設定をリセット」というボタンを発見。 「そういえばこんなのあったな」って思い、初期化ではなくネットワーク設定のリセットを試してみることに。 リセット後、再度設定をしてみると・・・ 繋がりました。 「やったー直ったー」って喜びながらもう1台のiPadもリセットしようかと手に取ります。 しかし、なんとなくもう一度繋がるかどうか試してみたくなり該当のWiFiへ接続を試みました。 すると・・・ 繋がりました。 あれ? リセットしてないのに繋がった。 月曜日にiOS 10.0.2にアップデートした後、確かに繋がらないのを確認したはずなのに。 何がいけなかったのかがさっぱりわかりません。 ただ一つ言えるのは「知らないうちに直っていた」ということでしょうか。 ちなみに、前にiMacの有線LANがおかしくなった時はバックグラウンドでドライバーが自動でアップデートされていたのが原因でした。 なので、もしかすると今回もバックグラウンドでドライバーが更新されて直った可能性も? まぁ真相はリンゴの森の中といった感じですね。

コメントを残す