Adobe Acrobat CCでPDFにしおり機能を使って目次を作る

ワードで作った資料を「PDFにして送って」なんて言われることが最近多いわけですが。

確かにPDFの方が軽くて良いですよね。

で、結構な項目数の資料を作成しPDFにしたわけですが・・・

営業さんに見せたところ、目次で探したページまでスクロールでガリガリと移動してまして・・・

「なんか目的のページ探すの面倒くさそうだな」って感じたわけです。

で、PDF側で下記の様な目次を付けようかと。

ちなみに、自分はずっと目次機能だと思っていましたが「しおり機能」らしいです。

目的の場所にしおり挿んでショートカット作る的な感じですね。

では早速手順を。

やり方

  1. 目的のPDFを開きます。
  2. 左上の「ツール」を選択
    ツールを選択
    ツールを選択
  3. 「PDFを編集」を選択
    「PDFを編集」を選択
    「PDFを編集」を選択
  4. メニューの「その他」から「しおりを追加」を選択
    「その他」から「しおりを追加」を選択
    「その他」から「しおりを追加」を選択
  5. 目的のページを開いた状態で、右に表示されたしおりのメニューから「新規しおり」を選択
    「新規しおり」を選択
    「新規しおり」を選択
  6. 作成されたしおりの名前を変更します
  7. たったこれだけです。

    あとは必要なページ分同じ作業を繰り返せば目次が作れます。

    ちなみに、しおりはページごとだけではなく行ごとなど好きな場所に設定可能。

    そのため、「第一章の第一節」といった感じの細かい目次を作成することも可能です。

    オプションからはしおりの順番を入れ替えたり、しおりの位置を変更したりすることができます。

    オプション
    オプション

    ■補足

    せっかく目次を作ってもデフォルトでは目次(しおり)が表示されません。

    なので、PDFを開いた際に目次が表示されるに設定するには

    ファイルから文書のプロパティを開き

    ファイルからプロパティを選択
    ファイルからプロパティを選択

    「開き方」の「表示」で「しおりパネルとページ」を選択して保存します。

    「しおりパネルとページ」を選択
    「しおりパネルとページ」を選択

    こうするとPDFを開く際にしおりパネルが一緒に表示されるようになります。

    ページ数の多い資料などを作った際に試してはいかがでしょう。


コメントを残す