Nikonがエントリーモデル「D5600」を発表

一眼レフは Nikon の D5300 を愛用しているわけですが。

知らぬ間に D5600 が発表されていました。
⇒ D5600 – 概要

どうやら1 0 日に発表されたようですね。

次は 7000 シリーズの中級者クラスを買おうと思っていますが、やはり新型が出ると気になっちゃいますよね。

で、比較表を作ってみました。

D5600 D5500 D5300
画像処理エンジン EXPEED 4
有効画素数 2416万画素
ISO感 100-25600 100-12800
フォーカスポイント AF39点
連写 最高約5コマ/秒
バッテリー EN-EL14a
撮影可能枚数
(バッテリー寿命)
約970枚 約820枚 約600枚
動画撮影 1920×1080:60p/50p/30p/25p/24p
1280×720:60p/50p
1920×1080:60p/50p/30p/25p/24p
1280×720:60p/50p
640×424:30p/25p
撮影可能時間
(動画)
最長29分59秒
モニター 3.2インチ
バリアングル方式
タッチパネル
3.2インチ
バリアングル方式
質量(本体のみ) 約415g 約420g 約480g
カラー ブラック ブラック
レッド
ブラック
レッド
グレー
その他 Wi-Fi内蔵
Bluetooth内蔵
NFC内蔵
SnapBridge対応
タイムラプス動画撮影
Wi-Fi内蔵 Wi-Fi内蔵
GPS内蔵

オプション的な部分は変わっていますが、肝心な主要部分は一切進化していないようですね。

D500 が EXPEED 5 を搭載していたため、D5600 も搭載しているのかなと期待していたのですが・・・

残念です。

まぁエントリーモデルだし、そんなに性能上げても上位機種との差別化が難しくなってしまうのでこの辺りの性能がボーダーラインなのだろうか。

ということで D5600 は買う必要がないことがわかりました。

もし D5600 を買おうか悩んでいる方は型落ちの D5500 の方がお得だと思います。

自分はやはり次買うなら7 000 シリーズの最新型か、型落ちで値下がりした D7200 あたりかな。

欲を言えば D500 が欲しい。(扱える様な技術力ないけど・・・)



コメントを残す