Ankerの小型で軽量なBluetooth対応ワイヤレススピーカー「SoundCore nano」を買った

ベッドで寝転がりながら音楽を聴いたりするわけですが。

Xperia のスピーカーでも音は悪くないですがパワーが足りないんですよね。

ロック系の音楽を聴くと低音が弱いんです。

なのでヘッドホンをつけたりしますが、コードが邪魔だったり横向きで寝るとヘッドホンで耳が圧迫されて痛かったりします。

そこで Bluetooth 対応ワイヤレススピーカーを買おうかなと思ったわけです。

どうせならマイク付で通話に使える物がいいななんて思いながら Amazon で物色。

最初目に留まったのは「Amazonベーシック ポータブルBluetoothスピーカー マイクロ」でした。

しかし、詳細を見てみるとマイクが搭載されているか書いてないんですよね。

で、悩んでいたところおすすめ欄に表示されたのが Anker の「SoundCore nano」でした

これはマイクも搭載されていて値段も Amazon ベーシックより安かったため即購入を決意。

カラーは iPhone をイメージしたのか、シルバー、スペースグレー、ローズゴールド、ゴールドの4色。

カラバリ
カラバリ

自分はスペースグレーを選択しました。

外観

流石 Amazon さん。

注文した次の日に届きました。

箱

箱を開けると袋状のフィルムに包まれて中央に鎮座しています。

 開けた
開けた

スピーカーを取ると「Happy?」と問われます。

Happy?
Happy?

ちなみに裏面には「Not happy?」と。

Not happy?
Not happy?

付属品は説明書、サポートの連絡先が記載された紙、充電用 USB コード、イヤフォンジャック接続用コード、ストラップの5つ。

セット内容
セット内容

Xperia X Performance とのサイズ比較。

サイズ比較
サイズ比較

手で持ってみるとこんな感じ。

手で持ってみた
手で持ってみた

正直ものすごく小さいです。

側面には Micro-USB とステータスを表す LED ランプ、ストラップホールがあります。

Micro-USBとLEDランプ
Micro-USBとLEDランプ
ストラップホール
ストラップホール

裏面は電源ボタンが。

裏面
裏面

ゴム素材になっているため滑りにくくなっています。

使ってみた感想

値段やサイズの割りにしっかししていると思います。

Xperia X Performance の本体スピーカーよりも低音が強いですし、音量も断然大きいです。

見た目も安っぽくないですしね。

ベッドで音楽聞きながらマンガ読んだり雑誌読んだりするにはちょうどいいかなって思いました。

通話もしてみましたがこちら側としては問題なし。

ただ、通話相手には声がやまびこみたいに反響して聞こえたりするらしい。

持ち上げた時に「直った」って言っていたので置き場所の問題だったりもするのかな?

通話用として購入する場合には少し検討が必要かもしれません。

残念ポイント

持ち運び用のポーチが付かない

個人的に一番残念なのは持ち運び用のポーチやケースが付かないこと。

充電用 USB コードとかイヤフォンジャック接続用コードがあるので、ひとまとめにして持ち運べるポーチが欲しいですよね。

音量調節用の物理ボタンが無い

Amazon のレビューに書かれていたのですが、Bluetooth で接続する場合に機器によっては音量調節がうまくできなかったりするらしいです。

本体に物理ボタンがあれば、そちら側で調節できますしね。

あったら安心かなとは思いました。

スピーカーから着信音が鳴らない

着信した際にスピーカーから着信音が鳴りませんでした。

どういうことかというと、着信音は Xperia 本体のスピーカーから鳴っており、SoundCore nano からは「プルルルル」っという電話の呼び出し音が鳴ります。

音がしないわけではないのでいいのかもしれませんが、なんかモヤッとしました。

他のワイヤレススピーカーは試していないため、SoundCore nano の仕様なのか Android の仕様なのか、はたまた Xperia の仕様なのかはわかりません。

側面にも穴が欲しい

音が出る穴は上部にしかありません。

そのためあまり音の広がりは感じられません。

4個づつくらいでいいので側面にも音が出る様に穴をあけてほしかったです。


購入した後に知ったのですが、Anker Japan が SoundCore nano の発売を発表したのは購入4日前の 11 月 16 日だったようです。(アメリカでは8月から販売していたようですが)

しかも、16 日から 17 日にかけては数量限定初回価格の 1,599 円で販売されていたそうな・・・

もっと早く探していたらよかった。

コメントを残す