ASRockのマザーボード「Z370 Extreme4」に「Intel Wireless-AC 9260NGW」を取り付けてWiFiとBluetoothに対応させる

昨日 SSD を M.2 タイプに換装したわけですが。

購入前に使用している ASRock のマザーボード「Z370 Extreme4」について仕様を調べたところ、「M.2 Key E(Type2230)」スロットを搭載しているため WiFi/Bluetooth モジュールを取り付け可能なことが判明。

デスクトップパソコンは有線で繋ぎたい派のため WiFi は要らないのですが、ワイヤレスイヤホンなどと接続できるように Bluetooth が欲しいんですよね。

現状も USB タイプの Bluetooth アダプタを取り付けてはいるのですが、バージョンが 3.0 と古くしかもたまに勝手に接続が切れたりするのでちょっと使い物にならない状態。

なのでモジュールで拡張できるなら非常にうれしい。

早速調べてみると同じマザーボードで「Intel Dual Band Wireless-AC 8260NGW」というモジュールを取り付けている人を発見。

最初はこのモジュールを買おうかと思ったのですが、さらに調べてみると後継の「Intel Wireless-AC 9260NGW」というモジュールが見つかりました。

8260NGW は Bluetooth のバージョンが 4.2 なのですが、9260NGW は 5.0。

しかも Amazon 上の最安値が 20 円ほどしか違わない。

今後のことも考えると 9260NGW を買った方がよさそう。

しかし、同じチップセットを搭載した ASRock のマザーボード「Z370 Pro4」に搭載している人は見つけたものの、同マザーボードに取り付けている人は見つからず。

ただ、海外フォーラムで同マザーボードにこのモジュールが取り付けられるかという質問をしている人がおり、それに対して「取り付けられる」という返答が付いていたためこちらを買うことにしました。

注意点としてはドライバが 64bit 版の Windows 10 向けのものしかないため、32bit 版の Windows 10 では使えないこと。

また、モジュール単体では電波を飛ばせないため一緒に 9260NGW に対応したアンテナも購入する必要があります。

Intel Wireless-AC 9260NGW
Intel Wireless-AC 9260NGW
アンテナ
アンテナ

M.2 SSD と同日に届くように調整し、昨日の M.2 SSD 取付時に一緒に取付ました。

マザーボードの左上に取り付ける箇所があり、先にモジュールにアンテナのコードを取り付けてからマザーボードに取り付けます。

取り付け箇所
取り付け箇所
先にアンテナのコードを取り付ける
先にアンテナのコードを取り付ける
コードを取り付けたらマザーボードに取り付ける
コードを取り付けたらマザーボードに取り付ける

自分が買ったところはネジが付属してきたのでそのネジを使いました。

もし付属しなかった場合はマザーボードに付いてきた M.2 用のネジを使いましょう。

あとはアンテナを取り付ける部分を固定して完了。

アンテナを取り付ける部分を固定
アンテナを取り付ける部分を固定

OS インストール時にドライバも自動的にインストールされたようで起動時にはすぐに使用できる状態でした。

ただ、WiFi のドライバが少し古かったので intel のサイトからダウンロードしてきてインストールしました。

ちなみにドライバは下記にあります。
⇒ インテル® Wireless-AC 9260 用のダウンロード

現状問題なく WiFi も Bluetooth も使用できているため、今回のパーツ追加は成功のようです。

コメントを残す