MacのiCloudカレンダーに偽RayBanから変な通知が来た

家に帰りMacの電源を入れたところ見慣れぬ通知が。

よくわからないのでとりあえず通知を消しましたが、カレンダーに通知アイコンが表示されています。

見てみると「Ray Ban PriceOnly $19.99」と書かれたイベントらしきものが書き込まれており、「仮承認」「欠席」「出席」と書かれていることから何かの招待通知のようです。

変な予定
変な予定

不審すぎるので一先ず何もせずにカレンダーを閉じネットで検索。

すると同様の現象に遭遇した人を複数発見。
⇒ iPhoneでカレンダーに「レイバン」や中国語の怪しいスパム広告が届く事例が急増中。対処法アリ
⇒ 【スパム対策】iPhone・Macの「カレンダー」に届いた偽RayBan(レイバン)の出席依頼を削除する方法
⇒ そんなやり方まで考えるのか!ICLOUDに連携させたMACやIOSのカレンダーアプリにスパムが送りつけられた

どうやらiCloudのカレンダーに対して勝手に予定を書き込むスパムが横行しているそうで、対象がiCloudなためMacに限らずiPhoneやiPadにも同様のスパムが届くそうな。

なんでそうなことができるのか初めは全然わかりませんでした。

で、調べたところ下記内容が判明。

  • カレンダーに予定を書き込む際、「予定参加者を追加」にメールアドレスを追加するとそのメールアドレスが紐づけられている Apple アカウントに通知( Apple アカウントに紐づけられていない場合はメール)を送る
  • 送った Apple アカウントが iCloud に連携されている場合、そのカレンダーに勝手に予定を書き込む
  • 知り合いであろうがなかろうが関係なく送れる

何このユルユルなセキュリティ・・・

ちょっと Apple さん何やってんですか・・・

このスパムの厄介なところはその仕様。

「欠席」という表示があるため、それを押せば消せると思いがちですが、これを押すと相手に「欠席しますよ」って通知を送ります。

つまり「この Apple アカウントは使用されてますよ」ってことを親切にも相手に教えてあげてしまうことになるわけです。

となると毎回毎回スパムが送られてくるようになってしまうわけですね。

なんだこれ・・・

しかも普通の方法では消せないようで、下記のうちどちらかの対応が必要になります。

  • カレンダーと iCloud の連携を切る
  • 新しいカレンダーを作りそこにスパムを移動してカレンダーごと消す

iCloud とカレンダーの連携を切る

1つ目は読んで字のごとく iCloud とカレンダーの連携を切る方法。

  1. 「システム環境」から「iCloud」を選択
    iCloudを選択
    iCloudを選択
  2. カレンダーのチェックを外す
    カレンダーを外す
    カレンダーを外す

ただし、この方法はカレンダー上に表示されなくなるだけで物理的には削除されていません。

そのため、2つ目の方法がおすすめです。

カレンダーごと消す方法

2つ目の方法はゴミ箱用のカレンダーを作り、そこにスパムを移動してそのカレンダーを削除することでスパムを消す方法です。

  1. メニューバーから「ファイル」を選択し「新規カレンダー」をクリック
    カレンダーを新規作成
    カレンダーを新規作成
  2. 書き込まれている予定をダブルクリックし詳細情報を表示
    右上のカレンダーを先程作ったものに変更する
    予定のカレンダーを変更
    予定のカレンダーを変更
  3. カレンダーを右クリックし「削除」を選択
    削除を選択
    削除を選択
  4. 「削除してもいいですか?」と聞かれるので躊躇なく「削除」を選択
    躊躇なく削除
    躊躇なく削除
  5. すると「予定が登録されてるけど削除してもよろしいですか?」的な事を聞いてくるので「通知せずに削除」を選択
    ちなみに「削除して通知」を選ぶと相手に「欠席します」と通知されてしまうらしいのでご注意を
    通知せずに削除
    通知せずに削除

ということで、なかなかひどい仕様ですね。

ただ、Apple にもたくさん報告(苦情?)が来ているようで現在対応中だそうな。

早くアップデートで対応してください。

コメントを残す