Adobe Creative Cloudに2014なる新バージョンが

家ではAdobe CS5を使用していますが、会社ではAdobe Creative Cloud(以下CC)を使用しています。

正直家では滅多に使いませんが、会社でもそこまで使いません。

たぶん、CS6までしか入れて無い先輩とかには「あいつ使いもしないのにCC入れやがって、俺なんてCS6だぞ!」とか恨まれてると思います。

ごめんなさい・・・

だって自分が入ったときはもうCCが主流だったんだもの・・・

そんなAdobe Creative Cloudに2014なるバージョンが6月19日に出たそうな。

下記がCreative Cloud 2014(以下CC 2014)に関する公式ブログの記事です。
Creative Cloud 2014年リリースが登場

正直全然使ってないので機能についてはよくわかりません。

なので外見の比較でも。

とりあえず、WEB制作における三種の神器「Illustrator」・「Photoshop」・「Dreamweaver」。

まずIllustarator。

起動画面がCCまではこんな感じでしたが。

IllustratorCC起動画面
IllustratorCC起動画面

CC 2014ではこんな感じに。

IllustratorCC2014起動画面
IllustratorCC2014起動画面

作業画面はCCがこんな感じで

IllustratorCC作業画面
IllustratorCC作業画面

CC 2014がこんな感じ。

IllustratorCC2014作業画面
IllustratorCC2014作業画面

次はPhotoshop。

CCの起動画面はこんな感じ。

PhotoshopCC起動画面
PhotoshopCC起動画面

CC 2014ではこんな感じに。

PhotoshopCC2014起動画面
PhotoshopCC2014起動画面

作業画面はCCがこんな感じで

PhotoshopCC作業画面
PhotoshopCC作業画面

CC 2014がこんな感じ。

PhotoshopCC2014作業画面
PhotoshopCC2014作業画面

そしてはDreamwearver。

CCの起動画面はこんな感じ。

DreamweaverCC起動画面
DreamweaverCC起動画面

CC 2014ではこんな感じに。

DreamweaverCC2014起動画面
DreamweaverCC2014起動画面

作業画面はCCがこんな感じで

DreamweaverCC作業画面
DreamweaverCC作業画面

CC 2014がこんな感じ。

DreamweaverCC2014作業画面
DreamweaverCC2014作業画面

作業画面はDreamweaverのみ違いが分かりますが、IllustratorとPhotoshopは全然わかりません。

ちなみにIllustratorだとこんな新機能紹介が出てきます。

IllustratorCC2014新機能画面
IllustratorCC2014新機能画面

年が変わってから何回かCCのアップデートが行われていますが、起動画面に書かれている「1997-2013」みたいな年数が書かれてる所が2014に変わらないなーって思ってたんですが、こういうことだったんですかね?

なぜかPhotoshopだけは「1990-2014」に変わってるんですけどね。

きっとPhotoshopとかを使いこなしている人たちはプラグインとか入れてるでしょうから、互換性を考えてCCとCC 2014を両方保持することになるのでしょう。

Dockに置いておくとこんな感じ。

dock画面
dock画面

アイコン一緒なんでどっちがどっちかパッと見では全然わかりません。

ポツンと佇むCS6のFireworksが悲しげです。

Creative Cloudを全く使いこなせていない今日この頃ですが、Creative Cloud 2014から頑張ります。


コメントを残す