Nikon D7500を買った

3年ほど前から Nikon の D5300 を使用しているわけですが。

先週ついに Nikon の DX フォーマット中級機「D7500」を購入しました。


D7500
D7500

当初は D500 と D7200 で迷い「金額で悩むなら高性能な方を」という名言に感化され D500 を買おうと心に決めていました。

しかし、D7500 の登場で予定調和な世界は終わりを迎え、再び苦悩の日々が始まりました。

そして色々な面で両者を比較してみて、D7500 を買おうと決めました。

決めた主な理由を下記にまとめます。

連射性能はほどほどで良い

D500 にこだわっていた大きな理由が圧倒的な「高速連射」の性能でした。

年に数回スポーツ観戦に行くため、決定的瞬間を逃さぬように高速連射が欲しかったのです。

店頭で触ってみても D500 の連射性能は素晴らしく、高速で鳴り響くシャッター音が心地よかったです。

肝心の D7500 はと言えば、高速ではあるものの D500 との差は歴然であり、若干の物足りなさを感じました。

しかし、レビュー情報を漁っていた際に見つけた

「素人がどんなに高速な連射を手に入れたところで失敗写真を量産するだけだ。」

という意見を目にして気持ちが変わり、オーバースペックな高速連射性能を望むことを止めました。

新しいレンズが欲しい

当初は D500 のボディのみを買う予定でした。

しかし、突然振り込んできたタムロンの 18-400mm 望遠レンズ発売の知らせ。

D7500 にすれば6万円(ニコンダイレクトだと 10 万円)程差額ができる為、それをレンズ代に充てることができます。

D500 と基本性能は変わらない

カメラに詳しい友人に相談したところ、

「今どきは入門機でもそれなりな写真が撮れる。特に D500 と D7500 は同じ EXPEED 5だし、素人が見て違いを見分けるのは難しいだろう。それならボディよりもレンズにお金をつぎ込む方がよほど良い絵が撮れる。」

とのアドバイスをもらいました。

スペック上の基本性能はほぼ同じですし、自分の様な素人に違いなど分かるはずもなく。

それならばレンズにお金をかけようかなと。

SD カード周りの弱さはさほど気にならない

悩んだ原因の一つが SD カード周りの弱さ。

スロットがシングルになってしまったり、UHS-II に対応していなかったりとちょっと残念な仕様。

しかし、現状スロットが1つで困ったことはないし、連射速度も UHS-I の SD カードを使った上での数値ですから、ちゃんとした SD カードさえ使えば書き込み速度に問題はないかなと。

そんなこんなで無事購入。

週末にさらっと使ってみたわけですが・・・

想像以上に使い勝手が良かったです。

シャッターが軽くてオートフォーカスの喰い付きもいいし連射もすごい。

何より素晴らしいと思ったのが「SnapBridge」。

まぁこれは D7500 だけの機能ではありませんが、本当に便利です。

気が付くと連携されたスマホに撮った写真が勝手に転送されています。

技術の進化は素晴らしい。

しばらく使ってみて何か思うことがあれば別途まとめようと思います。


コメントを残す