オンラインストレージはOneDrive?GoogleDrive?iCloud?

最近スマートフォンで撮った画像をPCで編集することが多いのですが、わざわざUSBでPCと接続するのが面倒臭い。

なによりUSB接続すると勝手に充電されるのが一番嫌。

Windows8.1からOneDriveなるものがOSに組み込まれ、最近はオンラインストレージが標準化され始めました。

なので、これを機にオンラインストレージでも活用してみようかと。

条件としてはWindows、Android、iOSの3大OS全てで利用できること。

お飾りのMac miniもあるので、一応Macにも対応してるとうれしいかな。

純正サービスじゃないのも嫌なので、結局選択肢に上がったのはMicrodoft純正の「OneDrive」、Google純正の「GoogleDrive」、Apple純正の「iCloud」の3つ。

さて、ここで「iCloud」は速攻で選択肢から落選。

理由は単純。

Android未対応だから。

AppleさんはよほどGoogleさんがお嫌いなんですね。

念のため、各対応OS一覧と標準ドライブ容量を

容量 Windows Android iOS Mac WindowsPhone
OneDrive 15GB
GoogleDrive 15GB

×
iCloud 5GB × ×

WindowsPhoneは何となくで入れてみました。

OneDriveは元々7GBでしたが7月から15GBになりました。

さて、選択肢はOneDriveとGoogleDriveに絞られましたが・・・

できればGoogleDriveはご遠慮願いたい。

なぜなら、一時期話題になった利用規約の問題があるから。

どんな問題か簡単に説明すると、「GoogleDriveに保存したファイルデータはGoogleの管理下にある物だから、勝手に機能向上とかサービス向上とかプロモーション(広告)に使用しちゃうよ」って事がさらりとGoogleの利用規約に書いてあります。

Googleの利用規約なので、正直GoogleDriveに限らずGoogleサービスの全てにおいて言える事なのですが・・・

2014年4月14日に修正された現在でも、その内容の記載は残っています。(本サービス内のユーザーのコンテンツの所)
Googleの利用規約

しかも、ファイルを削除してもその権利は継続するそうな・・・

削除しても権利が継続するってことは、ファイルがどこかに勝手にコピーされてるということ?

Google+が始まった当初、写真のバックアップ機能(インスタンスアップロード)を付けユーザーが気づかぬ間にAndroid内にある写真を勝手にGoogle+上に吸い上げてみたり・・・

ほんとGoogleさん怖い。

Googleの利用規約に関する問題は下記まとめなどに詳しく載っています。
Google DriveーGoogleの利用規約が話題になっていますが…
Google Driveの利用規約がヤバ過ぎる
ファイル共有サービス『Google Drive』を使うリスク

これを知る前は一時的にGoogleDriveを使用していた時期もあったんですが、これを知った瞬間にGoogleDrive上のファイルを全て削除し、使用をやめました。

というわけで・・・

結局残ったのはOneDriveだけでした。

しかし、OneDriveは18禁完全NGだそうで・・・

アニメとか2次元でもアウトらしく、保存すると予告なしでアカウント凍結されちゃうらしいです。
【注意】MSのオンラインストレージ『OneDrive』に二次元18禁画像を保存したところ、突然アカウントが凍結される事案発生

ということで、たぶんOneDriveはアップロードしたファイルを検閲されてます・・・

自分の顔が写ってる写真とか上げるの怖いな・・・

たぶん子供の裸とかの写真上げたら速攻凍結されそう。

家族写真とかだと赤ちゃんの裸とか結構多い気がするし、それがダメとなると家族写真容易にアップロードできなくなるし、利用範囲が狭まる気が・・・

GoogleDriveでも、子供のお風呂上がりの裸写真がGoogle+にインスタンスアップロードされアカウント凍結されたなんて話があったりします・・・
え、この写真がポルノ扱い? 非公開なのに? Googleアカウントを停止された とあるユーザーの悲劇

どちらも大本は海外の企業なのでやはり子供の裸とかには厳しいんですかね。

ちなみに・・・

iCloudは今年の秋リリース予定のiOS8から「iCloud Drive」になるそうです。

iCloudはメールやアドレス帳、写真など決まった情報しかクラウド上に置くことができませんでしたが、「iCloud Drive」からは完全なオンラインストレージになるそうで、色々なファイルをiCloud上に保存できるようになるそうな。

しかし公式iOS8の機能紹介ページには・・・
Apple – iOS 8 – iCloud Drive

「あなたのiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windowsパソコンからそれらにいつでもアクセスできます。」

あれ、デバイス名が足りない気がする・・・

AppleさんはほんとGoogleさんがお嫌いなのか、今回もAndroidは非対応の模様。

Windows7も対応してないなんて噂もありますが、紹介ページには「Windows 7以降を搭載したWindowsパソコン上」と記載されてるのでWindows7も対応してるみたいです。

しかし、Android非対応なので完全アウトです。

容量も標準5GBから変わらないらしい。

やはり残るのはOneDriveだけでした。

が、しかし・・・

やっぱりOneDriveもなんか怖い・・・

ここはDropboxにしとくべきなんだろうか・・・


コメントを残す