WWDC 2019で発表されたもの

昨晩(というか今朝早く)に Apple の開発者向けイベント「WWDC 2019」が開催されたわけですが。

結構色々発表されたみたいです。

新型 Mac Pro

Apple 公式サイトより引用
新型 Mac Pro

現行の Mac Pro は”ゴミ箱”なんて揶揄され、Apple もその拡張性の無さに失敗作と認めていたりしますが。

そんな Mac Pro の新型が発表されました。

現行の筒状から箱型に戻るようです。

前面の通気孔のデザインは”大根おろし器”や”チーズおろし器”なんて揶揄されています。

正直集合体恐怖症の人にはきついデザインな気がします。

自分も子供の頃は集合体恐怖症で、今でこそある程度許容できるようになりましたが、正直ニュースのサムネイルを見た時はちょっと「うおっ」となりました。

正直スタイリッシュなデザインかと言われれば微妙としか答えようがありません。

肝心な性能は、プロセッサに 28 コアの Intel Xeon、メモリは最大 1.5TB も搭載可能。

グラフィックスカードは最大で Radeon Pro Vega II を 2 枚挿しできたり、専用のアクセラレータカード「Apple Afterburner」を搭載出来たり、PCI Express 拡張カードを最大 8 枚挿せたりと前作に比べ拡張性が格段にアップ。

お値段は最小構成で 5999 ドル(約 65 万円)。

発売は秋頃を予定しているとのこと。

ここまでくると個人で買うのは Youtuber くらいではないだろうか・・・

Pro Display XDR

Apple 公式サイトより引用
Pro Display XDR

すごく久しぶりの Apple 純正ディスプレイ。

背面が新型 Mac Pro とお揃いのデザインになっています。

Apple 公式サイトより引用
Pro Display XDR 背面

6K 対応の 32 インチ Retina ディスプレイとのこと。

お値段は一番安いモデルで 4999ドル(約 54 万円)。

しかもどうやらこれはディスプレイ単体の値段らしく、VESA マウントアダプター 199 ドル(約 2 万円)、もしくはプロスタンド 999 ドル(約 11 万円)が別途必要になるらしい。

こんな高価なディスプレイ、恐ろしくて迂闊に触れやしない・・・

こちらも発売は秋頃を予定しているとのこと。

macOS 10.15 Catalina

時期 macOS の名称は「Catalina(カタリナ)」だそうな。

iPad を無線でサブ画面化できる「Sidecar(サイドカー)」という機能が搭載され、対応アプリであれば iPad から Apple Pencil やタッチでの画面操作が可能に。

つまり iPad を液晶タブレット化できるわけです。

この他 iTunes が終了し「Apple Muisc」「Apple Podcast」「Apple TV」の 3 つに分割されるそうな。

この場合 Windows 向けの iTunes はどうなるんだろうか?

アップデート可能な機種は macOS 10.14 Mojave とほぼ同じですが、Mac Pro のみ 2013 年版以降になりました。

開発者向けのベータ版は今日から公開で、正式版は秋にリリース予定とのこと。

iOS 13

ダークモードに対応し、「Sign In with Apple」を使用することで様々なサービスのログインが安全に行えるようになるそうな。

この他、地図アプリが強化されたり Memoji のカスタマイズ性がアップされたようです。

アップデート可能なのは A9 以降のチップを搭載した機種。

iPhone は iPhone 6s 以降で、iPhone 6 や iPhone 5s は対応終了。

iPod touch は先日発売された第 7 世代のみ。

いまだ格安スマホとして販売されている iPhone 6s はまだまだ現役で頑張れそう。

開発者向けのベータ版は今日から公開で、正式版は秋にリリース予定とのこと。

iPad OS

iOS 13 をベースにし、より macOS に近くなった iPad 向けの OS だそうな。

結構前から macOS と iOS は統合されるなんて噂が流れていましたが、その序章でしょうか?

USB メモリや SD カードを外部ストレージとして使用できたり、同じアプリのウィンドウを 2 つ並べて表示させることができるようになるとのこと。

また、Safari ではデスクトップ版 Web サイトの表示ができるようになるそうな。

対応する iPad は iPad Air 2 以降、iPad Pro 全モデル、iPad 5 世代以降、iPad mini 4 以降。

ちなみに iOS 13 も iPad Air 2 以降、iPad Pro 全モデル、iPad 5 世代以降、iPad mini 4 以降に対応しているみたいですが・・・

iOS を使い続けるか iPad OS に移行するか選べるのだろうか?

開発者向けのベータ版は今日から公開で、正式版は秋にリリース予定とのこと。

watchOS 6

Apple Watch 専用の AppStore が誕生し、Apple Watch 単体でアプリのダウンロードとインストールが可能になるそうな。

この他、新しい文字盤が追加されたりヘルスケア関連の便利なサポート機能が追加されるようです。

開発者向けのベータ版は今日から公開で、正式版は秋にリリース予定とのこと。

iPad OS がすごく気になりますね。

あとは macOS の「Sidecar(サイドカー)」。

今会社で Magic Trackpad を使用していますが、やはり Photoshop で画像修正してる際の拡大や縮小はピンチイン、ピンチアウトでできるとすごく楽です。

それが iPad を Mac と接続させることで手軽にできるようになるのはうれしいです。

コメントを残す