IIJmioがeSIM対応のサービスを提供開始

iPhone が eSIM に対応したことにより様々な国の通信キャリアが eSIM に対応し始めているわけですが。

IIJmio が eSIM 対応のデータ通信サービス「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIM ベータ版)」を 7 月 18 日より提供開始すると発表しました
⇒ 国内初、IIJmioでeSIM対応のデータ通信サービスを開始 | IIJについて | IIJ

IIJmio公式サイトから引用
eSIM開始の告知

eSIM(embedded SIM)とは、SIM カードをモバイル端末から抜き差しをすることなくネットワーク経由で情報の書き換えが行える組み込み式 SIM のことです。

通常の SIM の様にカード型のものもあれば、モバイル端末の基盤に直接埋め込むチップ型のものもあります。

今回 IIJmio のサービスに対応する端末は

  • Surface Pro LTE Advanced
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPad Pro(第 3 世代)
  • iPad Air(第 3 世代)
  • iPad mini(第 5 世代)

とのことで、Apple Watch Series 3/Series 4 も eSIM 対応製品ですがこれらは非対応。

またドコモ、au、ソフトバンクから販売されている iPhone や iPad は各キャリアでの SIM ロック解除が必要とのこと。

選べるプランはデータ通信専用の「ライトスタートプラン」のみで音声通信プランはありません。

契約するには専用ページから契約手続きを行ない、表示されるバーコードを読み取ってプロファイルを端末にダウンロードするとのこと。

ちなみに今回のサービスはベータ版らしいのですが、どういったところがベータなのかは不明。

引用元:国内初、IIJmioでeSIM対応のデータ通信サービスを開始 | IIJについて | IIJ

コメントを残す