キャノンのEOS Kiss Mを壊した

サブ機として、キャノンの「EOS Kiss M」を使用しているのですが。

室外で撮影していた際、三脚に EOS Kiss M を付けた状態で倒してしまいました。

すぐさま動作確認してみると、撮影は問題なく行えました。

しかし、モニターが一切表示されない。

ただ、メニューで表示をモニターのみにすると表示されるので、モニターが壊れたわけではなさそう。

で、いろいろ見てみたところ、ビューファインダーのところがズレているのに気が付きました。

ビューファインダーのところがズレている
ビューファインダーのところがズレている

どうやら倒れた衝撃でずれてしまったようです。

これにより、ビューファインダーを覗いているか判断するセンサーがうまく動かなくなり、常に覗いている状態として判断されるようになってしまったようです。

ズレを直してみようとしましたが全然直らず。

おとなしく修理に出すしかなさそうです。

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください