キャノンのEOS Kiss Mが修理から返ってきた

壊したキャノンの EOS Kiss M を修理に出したわけですが。

無事返って来ました。

申し込みから数えると約 2 週間くらいでしょうか。

コロナウィルスの影響で、修理が長引いたりするのかなと思いましたが、そんなことは無かったようです。

修理内容を確認すると、特に部品交換などはされていないようなので、その辺も修理が早かった要因かも。

ちなみに、EOS Kiss M は修理が一律料金で、キャノンが想定しないような故障でない限り 24,200 円(税込)で修理してもらえます。

ひとまずこれで使ってみて、年末にでもメンテナンスに出そう。

コメントを残す

コメントは管理人による事前承認制です。
管理人が不適切だと判断した場合、承認せず削除することがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください